歌声解説 女性シンガー

夏川りみの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年4月30日 更新日:

今回は夏川りみさんの歌声について書いていきたいと思います。

夏川りみさんと言えば、高い歌唱力で多くの人を魅了しているシンガーですよね。

 

なんと言っても歌唱力の素晴らしさは抜群。圧倒的歌声ですよね。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めくらいの音域で、バランスのいい声質

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的にやや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息と声帯の鳴りのバランスの取れた声質です。

息もしっかりと流れており、声帯もしっかりと鳴っている。

その上、口が大きので明るい響きの声です。話し声から抜群の声質をしていますね。

 

共鳴

共鳴は上方向へ響きやすい印象を受けます。

 

歌声は綺麗でしっかりと鳴る発声

地声

低中音域は地声

綺麗な息の流れとバランスのいい声帯の鳴りがある声質です。

 

基本的にこの地声域は息系の倍音を多く含ませて澄んだ音色を作り上げています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

 

地声域と比べると声帯の鳴りが強まり芯のあるくっきりとした音色になります。声帯の鳴りがやや強まって芯のある音色を作り上げているのですね。

 

中高音域は基本的にこの発声を使っており、ファルセット系の発声を使うことは少ないです。

おそらくミックスボイスに移行しやすい喉を持っているのでしょう。

高音の抜くようなフレーズでもファルセットに近づけたようなミックスボイスを使っています。

 

ミックスボイス

ミックスボイス域に入れては地声域に抜いて、という交互なニュアンスのあるフレーズです。

後半の「よごさな〜い〜で〜〜〜〜〜」はわかりやすいですね。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きで歌っています。

 

ビブラート

綺麗なビブラートが特徴的です。

綺麗に自然にかかるビブラートでビブラートの理想形ですね。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ピッチ感が非常に細かく、島唄のようにこぶしを入れたりすることも多いです。

また、音の強弱(ダイナミクス)をつけるのもとてもうまく、波のように歌の大小を美しくコントロールしています。

 


 

どういう練習をすれば夏川りみさんのように歌えるか

夏川りみさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

夏川りみさんのように歌うポイント

ポイント

息の流れる地声域を身につける

ミックスボイスを身につける

綺麗なビブラートを身につける

 

この3つが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

 

息の流れる地声域を身につける

息を綺麗に流すようにして発声できるようにトレーニングする必要があります。

息と声を連動させて息の上に声を乗せるようにする必要があります。

 

息と声を連動させるトレーニングは「スー」「ズー」トレーニングがオススメです。

息系のトレーニングで息をしっかり流したまま歌えるようにトレーニングしていきましょう。

 

ミックスボイスを身につける

夏川りみさんのミックスボイスはくっきりとした芯を持つ完成度の高いミックスボイスです。

ミックスボイスを身につけるにはまずリップロールのトレーニングで取り組むのがいいと考えられます。

 

ただし、声帯は人それぞれなので練習方法は自分で模索していくことが重要です。

 

綺麗なビブラートを身につけるには

夏川りみさんのようなビブラートを身につけるには夏川りみさんの真似をするのが一番いい練習方法です。

というのもビブラートというのは人それぞれの個性が出てくるものなので、よく聞いて練習しましょう。

 

とは言え真似ができたら苦労はしないという方もいるはずです。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.