歌声解説 女性シンガー

広瀬香美の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月1日 更新日:

今回は広瀬香美さんの歌声について書いていきたいと思います。

広瀬香美さんと言えば、高い歌唱力で多くの人を魅了しているシンガーですよね。

 

なんと言っても歌唱力の高さ、そしてあの高音。圧倒的歌声ですよね。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、バランスのいい鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。

両方のバランスの取れた声質なのですが、声帯がしっかりと鳴るよく通る声質を持っていますね。

 

共鳴

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の共鳴です。

 

歌声は芯のある鳴りの強い発声

チェストボイス

低中音域は地声

地声域は軽やかな鳴り主体の発声です。

 

息の流れに乗せてバランスよく声帯を鳴らすような発声が主体です。

もともともっている声帯の音域帯も高めなので結構高い音域帯まで地声で発声しています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

声帯をしっかりと閉鎖させることで強い芯のある声を生み出すミックスボイスです。

しっかりとした芯のある高音域を作り上げています。声帯のみを綺麗にコントロールしていますね。

 

ミックスボイス

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音ミックスボイスを使うことが多いので、そこまで多く使うことのない発声ですが、抜くような高音発声時にファルセットを使っています。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋方向へ強い共鳴を持っています。

 

ビブラート

綺麗にかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングの伸ばす時やブレーキさせるのが自由自在で、これが表現力の源になっています。

ピッチ感やリズム感など非常に良く素晴らしい歌唱力を持っています。

 

どういう練習をすれば広瀬香美さんのように歌えるか

広瀬香美さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

広瀬香美さんのように歌うポイント

ポイント

鳴りの強いミックスボイスを身につける

鼻腔共鳴を身につける

 

この2つが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

 

鳴りの強いミックスボイスを身につけるには

鳴りの強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

 

このトレーニングは鳴りの強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

 

鼻腔共鳴を身につけるには

鼻腔共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

 

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.