歌声解説 女性シンガー

浜田麻里の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月1日 更新日:

今回は浜田麻里さんの歌声について書いていきたいと思います。

浜田麻里さんと言えば、高い歌唱力で長く日本の音楽界で活躍しているシンガーですよね。

 

何と言ってもあの迫力ある歌声は圧巻です。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高め音域で、バランスのいい普通の声質

音域

地声や話し声の音域は普通〜やや高めの音域です。

普通〜やや高めの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。声帯もしっかりと鳴りつつ息も綺麗に流れる声を持っています。

 

共鳴

話し声の共鳴は上方向主体の共鳴です。

 

歌声はパワフルで綺麗な発声

地声

低中音域は地声

息が綺麗に流れる声質の発声です。

 

息の倍音成分が非常に多く「スーーー」という息系の倍音の成分が多く鳴っています。

もちろん声帯もバランスよく鳴らしており、単に息主体の発声というわけでなく息が多い発声ということですね。

 

この息の倍音成分が非常に綺麗な音色を作り出しています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

 

地声域に比べると声帯の閉鎖や鳴りが強く鳴り、パワフルな高音域を生み出しています

 

かなりしっかりと声帯がなっているのですが、息の流れも止まっておらずしっかりと息を流すようなニュアンスが残っているので自然な流れで高音域まで押し上げているような印象を受けます。

 

強い声帯閉鎖に強い息の圧力をかけるようなベルティング系の発声です。

ほんの少し、ほんの少しだけですが、ハスキー感を感じるんですよね。それくらい息の流れが綺麗。

 

この強いミックスボイスはかなりの高音域まで歌うことができます。なのでファルセット系の発声はあまり使わないですね。

 

ミックスボイス

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

低音域はやや深めの発声で、高音域は浅い響きの発声です。

特に高音域は鼻腔に響きを集めて、響きの作り方も横方向の響きの作り方をしています。

これにより浅い明るい響きを作ることがでいるのですね。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗かつ深くかかります。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングは非常に滑らかで、あまり音を切ったりということはしないですね。

ピッチ感やリズム感は極めて優れており、圧倒的な歌唱力を持っています。

 

どういう練習をすれば浜田麻里さんのように歌えるか

浜田麻里さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

浜田麻里さんのように歌うポイント

ポイント

強い鳴りのミックスボイスを身につける

息の多い発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

強い鳴りのミックスボイスを身につける

鳴りの強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは鳴りの強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

 

音域を広げるトレーニングは筋トレのようにコツコツと積み上げていくことが重要です。

また、エッジボイスを身につけることで声帯閉鎖のトレーニングになります。

 

喉は締めずに声帯だけを綺麗にコントロールできるようなトレーニングになります。

 

息の多い発声を身につける

息のしっかりと流れる発声を身につけるには息と声とをしっかりと連動させることが重要です。

 

息と声との連動には「スー」「ズー」トレーニングがおすすめです。

 

息系のトレーニングは毎日少しづつでも取り組むことが重要だと思います。

日常の声にも影響してくる部分なので、やって損はないトレーニングです。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.