【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 女性シンガー

福原美穂の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月4日 更新日:

今回は福原美穂さんの歌声について書いていきたいと思います。福原美穂さんと言えば、圧倒的歌唱力で人気のシンガーですね。何と言ってもあのパワフルな歌声は圧巻ですね。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな福原美穂さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスのいい声質

地声や話し声の音域は普通くらいの音域です。高くもなく低くもない普通くらいの音域帯の声帯を持っていますね。

声質は息と声帯の鳴りのバランスのいい声質です。声帯もしっかりと鳴りつつ息もしっかりと流れているというバランスのいい声を持っています。

話し声の共鳴は偏り無くフラットな感じです。

持っている声帯

普通くらいの音域・バランスのいい声質

歌声はダイナミクスのあるパワフルな発声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ミックスボイス
  • ファルセット

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。息と声帯の鳴りのバランスのいい声質です。綺麗な息の流れを保ったまま低音域から高音域へと登っていきます。比較的高音域帯まで地声を使って発声しています。

上下の共鳴のコントロールも非常に上手いのが特徴です。

地声

名曲ですね。このフレーズは全て地声系の発声です。結構高いところまで地声系の発声です。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。とは言っても実際にはミックスボイスらしいミックスボイスの音域に入るくらいの音ではファルセットを使っていることが多いので地声の延長線とも言える中高音です。

地声域の声帯の使い方のまま結構高い音域帯まであげています。喉の空間をしっかりと保って太い鳴りを生み出しています。パワフルな発声がピックアップされがちですが、案外無理はせずに綺麗とパワフルを共存させるタイプです。

ギリギリ地声かな(ミックスボイス)

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。高音域は綺麗なファルセットを使うことも多いです。息がしっかりと流れる抜けるようなファルセットを使いこなしています。

ファルセット

歌声

息が綺麗な低音域・息の流れを維持しつつも強く鳴らす中高音・綺麗な高音域のファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

特徴的なのは咽頭共鳴(下方向)への響きですね。ある程度の下方向への響きを保つことで、しっかりとした深く太い音色を作り出しています。もちろん上方向編も綺麗に響かせています。

ビブラート

ビブラートは自然に綺麗にナチュラルにかかります。

フレージング・歌い回し・歌唱力

非常にダイナミクス(声量差)に富んだ歌い方と言えるでしょう。息の多い低音域からパワフルな中高音域へと移行していくタイプです。

ピッチ感が非常によく細かい繊細なピッチも綺麗に表現しています。

どういう練習をすれば福原美穂さんのように歌えるか

福原美穂さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

福原美穂さんのように歌うポイント

ポイント

パワフルな発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

パワフルな発声を身につける

福原美穂さんのようなパワフルな発声を身につけるには多くの訓練が必要ですね。

まずはグッグトレーニング「ネイ」「ヤイ」トレーニングなどの練習で強い鳴りの高音発声をトレーニングしましょう強い声帯閉鎖に強い息の圧力をかけるベルティングボイスのようなトレーニングもいいかもしれません。

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。『強い地声のように聴こえる高音域』をベルティングボイスと言います。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外では音 ...

続きを見る

福原美穂さんは声帯閉鎖よりも声帯伸展での中高音、つまり地声系の発声をそのまま高音まで押し上げているような印象を受けます。

声帯閉鎖と声帯進展についてはこちら

高い声が出ない人は『二つの力』を理解すべき

今回は高い声が出ない人が理解すべき「二つの力」について考察していきます。 その二つの力とは『声帯伸展』と『声帯閉鎖(収縮)』という二つの声帯をコントロールする動きです。 この二つの動きのどちらもが音程 ...

続きを見る

また、咽頭共鳴のトレーニングも必須です。咽頭共鳴は声帯を深い位置に保つことで喉の共鳴空間を広げて太い鳴りを作り出します。

咽頭共鳴のコツは?深い響きのある声を身につけるトレーニング

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響き(下方向への響き)について書いていきたいと思います。鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。特に歌声の中に深みを作る ...

続きを見る

まとめ

持っている声帯

普通くらいの音域・バランスのいい声質

歌声

息が綺麗な低音域・息の流れを維持しつつも強く鳴らす中高音・綺麗な高音域のファルセット

福原美穂さんのように歌うポイント

ポイント

パワフルな発声を身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。もちろんこれ以外の練習も必須です。頑張りましょう!

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる」ということについて徹底考察していきたいと思います。 内容的には歌が上手くなる方法論というよりも「歌が上手いとは?」というのがテーマです。 歌が上手いとは何が優れているから歌が上 ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.