歌声解説 男性シンガー

嵐 相葉雅紀の歌声や歌い方について

投稿日:2018年5月13日 更新日:

今回は嵐の相葉雅紀さんの歌声について書いていきたいと思います。嵐と言えば、ジャニーズの大人気グループです。

音楽にバラエティーに多くの活躍をしています。

素晴らしい名曲も非常に多いですね。

多くの方が魅了されているのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、バランスのいい声質

音域

地声や話し声の音域は普通くらいの音域です。

音域的に普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りと息の鳴りのバランスのいい声質です。

息の流れもしっかりとあり声帯もバランス良く鳴る声を持っています。

 

共鳴

話し声の共鳴は鼻腔などの上方向に響きやすいです。

 

歌声は地声を活かした発声

地声

低中音域は地声

話し声同様に声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。

 

ザラついた倍音が鳴りやすい心地よい声質を持っていますね。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

そこまで多く使われる発声ではないですが、一部高音域で抜くようにファルセットを使っています。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔などの上方向へ声を当てるニュアンスが強いです。

ただ息は鼻から抜けるというよりも口から抜けているので独特の音色のニュアンス感があります。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、まっすぐに歌います。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はなく、ベーシックに歌うタイプです。

 

どういう練習をすれば相葉雅紀さんのように歌えるか

相葉雅紀さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

相葉雅紀さんのように歌うポイント

ポイント

上方向への共鳴を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

 

上方向への共鳴を身につけるには

上方向への共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

 

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習は歌の基本ですので、とてもいいトレーニングです。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.