歌声解説 男性K-POP

BTS(防弾少年団)SUGAの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月27日 更新日:

今回はBTS(防弾少年団)のSUGA(ユンギ)さんの歌声について書いていきたいと思います。

BTS(防弾少年団)と言えば、大人気のKーPOPグループですね。その人気は今や世界中の人を魅了していて、世界レベルのグループとなっています。

 

何と言ってもあの歌声、ダンス、楽曲と本当に素晴らしいですよね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低め〜やや低めくらいの音域で、鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域は低め〜やや低めくらいの音域です。

低め〜やや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質です。

息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような鳴り主体の声を持っていますね。

 

共鳴

共鳴は咽頭共鳴(下方向への共鳴)主体です。

 

歌声はアタックの強い閉鎖系の声でのラップ

地声

ほとんどのフレーズで地声を使っています。

主にラップを歌うことがほとんどです。話し声同様に声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質で歌っています。

 

やや柔らかめに鳴らしたり、強くエッジ感のある鳴りを生み出したりとフレーズによって表現を変えています。

低音域で重みのある声が特徴的です。

 

地声

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

フレーズにもよりますが、咽頭共鳴がしっかりとあり下方向へ深く響きます。

フレーズ次第では上方向への響かせるような音色作りもしています。

 

ビブラート

基本的にビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

基本的に低音域帯でアタックがしっかりとした声で発声するラップ調のスタイルです。

かなりフレーズのリズム感がよく、言葉の歯切れの良さは抜群です。

ラップはやはりいかにビートに乗るかで聴こえ方が随分と変わるので、そういう点ではとても上手ですね。

 

どういう練習をすればSUGAさんのように歌えるか

SUGAさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

SUGAさんのように歌うポイント

ポイント

鳴り系の声をコントロールする

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

鳴り系の声をコントロールする

ラップなどは声帯の鳴りの強い声質で歌い続けるため、鳴り系の声をコントロールすることはとても重要です。

 

鳴り系の声をコントロールするには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

力まず強い高音を出すための「ネイ」「ヤイ」トレーニング

続きを見る

また、エッジボイスのトレーニングもおすすめです。

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

続きを見る

エッジボイスはそのままフレーズ内でも使えるテクニックなので、習得すべきとも言えるかもしれません。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性K-POP
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.