歌声解説 男性K-POP

BTS(防弾少年団)J-HOPEの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年5月27日 更新日:

今回はBTS(防弾少年団)のJ-HOPE(ホソク)さんの歌声について書いていきたいと思います。

BTS(防弾少年団)と言えば、大人気のKーPOPグループですね。

その人気は今や世界中の人を魅了していて、世界レベルのグループとなっています。

 

何と言ってもあの歌声、ダンス、楽曲と本当に素晴らしいですよね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、バランスのいい鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

やや低め〜普通くらいの音域の声帯を持っていると感じます。

 

声質

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質です。

どちらかと言えば声帯の鳴りが先行するような印象もありますが、バランスのいい範囲と言えるでしょう。

 

共鳴

共鳴はやや咽頭共鳴(下方向)寄りです。

 

歌声は鳴りの強い低音中心

チェストボイス

低中音域は地声

鳴り系の発声中心で、柔らかい鳴りから強い尖ったような鳴りの発声まで使っています。

 

話し声をそのまま活かしたような発声で、重めで鳴りのある低音ボイスが特徴的です。

時に声帯の閉鎖を強めて押しつぶすような音色を使うなど表現も多彩です。

 

共鳴は咽頭共鳴主体で下方向へ響いています。

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

やや声帯を強めに鳴らすようにしてやや高めな音域を発声しています。

 

中高音

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

咽頭共鳴(下方向)主体の音色作りです。

 

ビブラート

ビブラートはかけずにまっすぐに歌うラップスタイルが多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

非常に多彩な表現力のあるラップが特徴的で、様々な声色や声の出し方を使い分けています。

幅広い表現力が魅力のラップスタイルです。

 

どういう練習をすればJ-HOPE(ホソク)さんのように歌えるか

J-HOPE(ホソク)さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

J-HOPEさんのように歌うポイント

ポイント

下方向への重みのある声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

下方向への重みのある声を身につける

下方向への重みのある声を身につけることで太く深みのある低音発声ができるようになります。

下方向への共鳴はまず声を下方向へ当てるようなイメージを持つだけでも随分と変わってくるはずです。

 

また、エッジボイス並みの声帯の強い鳴りを持った発声のラップなどもよく使うのでエッジボイスのトレーニングもオススメです。

強い鳴りにしろ弱い鳴りにしろ鳴り系の声のコントロール練習には最適です。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性K-POP

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.