歌声解説 歌声解説 男性シンガー

ReNの歌い方・歌唱力 息の多い綺麗な発声と父親譲りの美しいファルセット【歌声解説】

更新日:




今回はReNさんの歌声について書いていきたいと思います。

ReNさんと言えば、エドシーランのようにループステーションを取り入れた弾き語りスタイルで人気のあるシンガーソングライターですね。長渕剛さんの息子としても有名です。

 

何と言ってもあの歌声、そして演奏。ものすごくかっこいいですよね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなReNさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスのいい普通の声質

地声の音域は普通の音域です。バランスのいい声質で大きな特徴はないですが、声帯の鳴りがよくやや咽頭共鳴が強い感じですね。歌声の出し方とは随分違う地声ですね。

 

歌声は息の多い地声を活かした発声とファルセット

歌声は息の多い綺麗な地声を使っていますね。エッジ感を効かせたりしてかなりの洋楽感が出ていますね。

鼻腔共鳴を強めて咽頭共鳴を少なくすることにより、地声で綺麗に上に抜ける発声をしています。

 

ファルセットのコントロールも非常にうまいですね。切り替えも自由自在でかなり心地の良い歌声です。若い頃の長渕剛さんもファルセットが非常に美しかったですもんね。

大抵の楽曲は地声とファルセットで歌いこなしています。切り替えが綺麗にできる場合はこの二つの声があればほとんどの楽曲が歌えてしまうでしょう。

 

どういう歌い方か

基本的にはあまり張り上げたりはせずに心地よく綺麗に聴かせるタイプです。洋楽シンガーっぽいですね。

日本語の発音にしろ英語の発音にしろ、発音が非常に綺麗です。口や歯が大きいのも発音を綺麗にする手助けになっているのかもしれません。言葉が聞きとりやすいので、一言一言が非常に心地よく聞こえますね。

ビブラートはあまりかけないですが、ナチュラルにかかっています。

 

どういう練習をすればReNさんのように歌えるか

ReNさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ReNさんのように歌うポイント

  • 息の多い発声を身につける
  • ファルセットを鍛える
  • 鼻腔共鳴を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

息の多い発声を身につけるには

息の多い発声を身につけるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

このトレーニングは横隔膜に負荷を与えて、息と声とを連動させるトレーニングになります。

毎日少しづつでも続けることで効果がでてきます。

 

「スー」「ズー」トレーニングについて詳しくはこちら

「スー」「ズー」トレーニングで通る声を手に入れよう

 

ファルセットを練習する

ファルセットの練習法は単純明快。ファルセットを出すことです。ファルセットは声帯の使い方が地声とは違うため、慣れていない人は慣れることが必要です。毎日のストレッチで体を柔らかくしていくように、ファルセットも少しづつほぐしていきましょう。

詳しくはこちら

裏声(ファルセット)の重要性を紐解く

 

鼻腔共鳴を身につけるには

鼻腔共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

まとめ

ReNさんのように歌うポイントは

  • 息の多い発声を身につける
  • ファルセットを鍛える
  • 鼻腔共鳴を身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.