【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

影山ヒロノブの声や歌い方についての分析

更新日:

今回は影山ヒロノブさんの歌声について書いていきたいと思います。

影山ヒロノブさんと言えば、多くの名曲を残しているアニソン界の伝説的な存在ですね。

なんと言っても歌声のかっこよさ、歌唱力の素晴らしさは抜群ですよね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、ザラっとした鳴りの声質

地声や話し声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。

普通〜やや高めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質はザラっとした鳴りの個性的な鳴りを持つ声質です。ハスキーとは違うのですが、声帯がカラッとザラっと乾いたような音が鳴る声質ですね。大きくはハスキー系の声質に分類されるでしょう。

持っている声帯

普通〜やや高めの音域・ザラっとした鳴りのハスキー系の声質

歌声は共鳴が深い太い発声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

声帯をしっかりと鳴らすような鳴り系の発声です。鳴り系の発声なのですが、ほんのしハスキーなので息の倍音もある声質です。

深い響き(下方向への響き)を作り太い音色の発声を生み出しています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

声帯をやや強く閉鎖させてそこに強い息の圧力をかけて中高音を発声しています。深い響きを保ったまま中高音を発声するため太いパワフルな鳴りを生み出しています。

ミックスボイス

歌声

鳴り系の深い地声域・太く深いミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

咽頭共鳴をしっかりと保つ音色作り。

ビブラート

深いビブラートが全体的にかかるのが特徴です。

フレーズの語尾にかかるにはもちろんのこと、色々なところにビブラートがかかっています。影山ヒロノブさんの歌声がパワフルなのに綺麗に聞こえるのはビブラートが綺麗にかかっているからですね。

フレージング・歌い回し・歌唱力

歌い方も言葉の一つ一つをしっかりと発音します。口を大きく開けて明るく深く歌っています。

ピッチ感やリズム感も非常にいいですね。

どういう練習をすれば影山ヒロノブさんのように歌えるか

影山ヒロノブさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

影山ヒロノブさんのように歌うポイント

ポイント

太いミックスボイスを身につける

深い響きを身につける

深いビブラートを身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

太いミックスボイスを身につけるには

太い中高音発声を身につけるにはグッグトレーニングが最適です。

このトレーニングは強めのミックスボイスや太いミックスボイス(喉を開いたような)を身につけるのに最適です。

このトレーニングで強い高音域を発声できるような声帯コントロールを身につけましょう。

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。

これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。喉仏の位置をコントロールすることで深い響きや太い音色を作ります。

深い響きを身につけるトレーニングはこちら

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

強い高音域でもビブラートが発声できるようにトレーニングする必要がありますね。

ビブラートの練習はこちら

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.