【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

DA PUMP ISSAの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年6月5日 更新日:

今回はDA PUMPのボーカルISSAさんの歌声について書いていきたいと思います。DA PUMPと言えば、長く日本の音楽界で活躍する人気グループですね。

楽曲・歌声・ダンスは多くの人を魅了しています。

特にISSAさんの歌はとても上手いですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。今回はそんなDA PUMPのボーカルISSAさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、バランスのいい声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。低い声はあまり出せそうにないようなくらいの高さの声を持っています。声帯の大きさはそこまでやや小さめのような印象を受けます。声質は非常にバランスがいい感じです。

声帯閉鎖や息のバランスがいいですね。響きも鼻腔に自然に響く感じで、丸みのある声です。

やや高めの普通の声という感じでしょうか。

歌声は柔らかくて芯のあるミックスボイス

歌声は主に2種類の声を使っています。

地声とミックスボイスですね。ミックスボイスをメインで使うことが多いように感じます。

低中音域は地声を使っています。鳴りと息のバランスのいい発声です。比較的早い段階でミックスボイスに移行するのと、もともと持っている地声の音域が高いのでミックスボイスとの境目のわかりにくい声ですね。

中高音域はミックスボイスを使っています。芯のある綺麗なミックスボイスです。芯があり適度に太いミックスボイスですが、柔らかさもあるかなりバランスのいい声ですね。

もともと高めの音域の地声を持っていることもあり、地声との声質さがほとんどなく一本化された声です。

このミックスボイスは声帯を綺麗に無駄なく閉鎖させて出す芯のあるミックスボイスです。鼻腔共鳴や軟口蓋への共鳴が綺麗なので芯のあるバランスのいいミックスボイスを出せているのでしょう。

どういう歌い方か

ビブラートはナチュラルにかかるタイプです。そこまで深くはかけていないのですが、自然に細かくかかるという感じですね。

大きな癖はないのですが、ピッチ感が非常によく、ベーシックに上手いタイプです。言葉をしっかりと発音するタイプですね。口を大きく開き、響きの開きを大きくして明るい響きになるようにコントロールしています。

実際の歌で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

「USA」でミックスボイスと地声を確認

フレーズ

カ〜モンベイビー アメリカ ドリームのみかたをインスパイ  カ〜モンベイビー アメリカ こうさするルーツ タイムズスクエア〜 カ〜モンベイビー アメリカ あ〜こがれてたティーンエイジャー カ〜モンベイビー アメリカ きょうごうしてく ジパングで〜

地声やミックスボイスはここ!と綺麗に線引きできるものではない(あらゆる声区で中間色は存在する)のですが、大体はこんな感じでしょう。

もともと持っている地声が高めなので、ほぼほぼ声区の区別がつきにくいのです。分かりにくいですね。わかりませんが。ご本人も意識的に切り替えているというより、自然につながっているという感じでしょう。

どういう練習をすればISSAさんのように歌えるか

ISSAさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

ISSAさんのように歌うポイント

ポイント

芯のあるミックスボイスを身につける

軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

ミックスボイスを身につけるには

ミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習が最適です。リップロールは綺麗なミックスボイスや柔らかいミックスボイスを習得するのに最適なのです。

また、ミックスボイスの導入の練習としても非常にいいです。リップロールで高音域まで滑らかに移行できるように練習しましょう。

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

ミックスボイスを太くする

ミックスボイスを太くするには「グッグトレーニング」が最適です。このトレーニングは強めのミックスボイスや太いミックスボイス(喉を開いたような)を身につけるのに最適です。

このトレーニングで強い高音域を身につけましょう。

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

【グッグトレーニング】のやり方・効果・練習方法について

 

ミックスボイスに芯をつける

ミックスボイスに芯をつけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは閉鎖の強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

【「ネイ」「ヤイ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

軟口蓋への響きを身につける

軟口蓋への響きを身につけるには「ハミング練習」が最適です。ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

ハミング練習について詳しくはこちら

【鼻歌・ハミング練習法】のやり方・効果・練習方法について

まとめ

ISSAさんのように歌うポイントは

ISSAさんのように歌うポイント

ポイント

芯のあるミックスボイスを身につける

軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.