歌声解説 歌声解説 女性シンガー

水曜日のカンパネラのボーカル コムアイの歌い方・歌唱力【歌声解説】

更新日:




今回は水曜日のカンパネラのボーカル コムアイさんの歌声について書いていきたいと思います。

水曜日のカンパネラと言えば、独自の世界観と楽曲で大人気の音楽ユニットですね。

 

何と言ってもその独自の楽曲、そして歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな水曜日のカンパネラのボーカル コムアイさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、声帯閉鎖がやや強めな声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。まぁ普通の音域とも言えるでしょう。声質はやや声帯閉鎖が強めでエッジ感のある声質です。咽頭共鳴寄りな地声です。鼻腔にはあまり響かない感じですね。

 

歌声は息が綺麗に流れる歌声

歌声は地声や話し声の閉鎖系の声とは違い綺麗に息が流れる声です。声帯の閉鎖が薄く、息が多めの声質ですね。

もちろん曲によっては地声のエッジ感を活かした声も使っています。特に語るようなラップ調のフレーズは地声を活かしてますね。

メインの綺麗な歌声は軟口蓋に綺麗に響いているのでやや丸みのある声質になっています。

 

どういう歌い方か

語り調でほぼほぼ話しているような歌い方と普通に綺麗に歌う歌い方の2種類が主な歌唱法ですね。

音楽的な癖はあまりないのですが。こういう2種類の歌い方の組み合わせで独自の歌い方と言えるものになっていますね。

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、比較的まっすぐに歌うタイプです。

 

どういう練習をすればコムアイさんのように歌えるか

コムアイさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

コムアイさんのように歌うポイント

  • 軟口蓋への響きを身につける
  • 息の多い発声を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

軟口蓋への響きを身につけるには

軟口蓋へのを身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

こちらのトレーニングでも軟口蓋への響きがつきます

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

 

息の多い発声を身につけるには

息の多い発声を身につけるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

このトレーニングは横隔膜に負荷を与えて、息と声とを連動させるトレーニングになります。

毎日少しづつでも続けることで効果がでてきます。

 

「スー」「ズー」トレーニングについて詳しくはこちら

「スー」「ズー」トレーニングで通る声を手に入れよう

まとめ

コムアイさんのように歌うポイントは

  • 軟口蓋への響きを身につける
  • 息の多い発声を身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.