歌声解説 歌声解説 男性シンガー

美川憲一の歌い方・歌唱力 閉鎖系の深い響きの低音ボイス【歌声解説】

更新日:




今回は美川憲一さん歌声について書いていきたいと思います。

美川憲一さんと言えば、長く日本の音楽界で活躍する大御所ですね。

 

あの個性的な歌声は一聴しただけでわかるほどの歌声ですね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな美川憲一さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低めの音域で、声帯閉鎖・咽頭共鳴の強い声質

地声・話し声の音域は低めの音域ですね。話し方は女性口調ですが、音域的にはかなり低めですね。

咽頭共鳴が強くかなり下方向へ響いている声です。さらに声帯閉鎖も強いので、鳴りが強く下方向へ響く重たい声質をしています。

 

歌声は地声を活かした閉鎖系の声質

歌声もほとんど地声と変わらない声で歌っていますね。咽頭共鳴・声帯閉鎖が非常に強く重たい倍音がガンガン鳴っています。

母音重視の倍音ですね。

声帯は閉鎖はエッジボイスの延長線上にあるくらいの閉鎖感です。もともと閉鎖系の声なので、あまり息は流れすに声帯の鳴りの倍音で音尾鳴らしているタイプの声です。

結構な高音域までこの声を使って出しています。

 

どういう歌い方か

深いビブラートが特徴的ですね。歌謡曲はやはりビブラートが美しさの一つの鍵ですからね。

また、ビブラートと声帯を鳴らすような倍音は相性がよく声の響きを増幅させるような印象を与えます。

口はあまり開けずに、深い響きを保ったまま歌っています。

 

どういう練習をすれば美川憲一さんのように歌えるか

美川憲一さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

美川憲一さんのように歌うポイント

  • エッジボイスを身につける
  • 深い響きを身につける
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

エッジボイスを身につける

エッジボイスを身につけることは非常に重要です。エッジボイスを練習することで声帯閉鎖のトレーニングになります。

また、歌のニュアンスとして使うことも多いです。

声帯をコントロールできるようになるということは、声をコントロールできるようになるということです。

力まずにエッジボイスを練習しましょう。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

 

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

詳しい練習法はこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

まとめ

美川憲一さんのように歌うポイント

  • エッジボイスを身につける
  • 深い響きを身につける
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.