歌声解説 歌声解説 男性シンガー

ゴスペラーズ 北山陽一の歌唱力・歌い方 深い響きの美しい低音ボイス【歌声解説】

更新日:




今回はゴスペラーズの北山陽一さん歌声について書いていきたいと思います。

ゴスペラーズと言えば、圧倒的な歌唱力を持ったグループですね。

あの美しいハーモニーはどんなグループも真似できないですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなゴスペラーズ黒沢薫さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低めの音域で、咽頭共鳴はもちろん鼻腔共鳴も強い声質

地声・話し声の音域は低めの音域ですね。かなり低めの低音ボイスですね。音域が低いので咽頭共鳴が強いのはもちろんですが、鼻腔共鳴も広く深い響きを持っていますね。

低音域の声で鼻腔に響く声を出せると、文句なしのいい声になります。低い音が鼻腔に響くのはイケボの共通点ですね。北山陽一さんも当然ながらものすごくいい低音ボイスですね。

 

歌声は基本的には喉仏を下げてとても深い響きの声

歌声は担当がベースなので、基本的には低音ボイス中心です。喉仏をかなり下げた状態で深い響きを作っています。下方向への響きを最大限まで高めていますね。

低音ボイスを綺麗に聞かせるためには声帯をあまり締めないことで綺麗に鳴りますが、北山陽一さんの声も閉鎖は少なく綺麗な低音ボイスです。喉仏を下げて脱力した声帯を重たく鳴らしている、そんな声です。ほぼほぼウッドベースのような音が鳴っていますね。

 

低音美声というジャンルでは一番に名前が上がりそうな人です。

低音担当ですが、普通の音域の歌を歌っても実は非常にうまいですよね。

 

どういう歌い方か

ベース担当なので、こうだとは言いにくいですが、非常にピッチ感がよくゴスペラーズのハーモニーの核になっています。

ビブラートはあまりかけないですね。ソロで歌うとかかっていますが。ベース音はあまり揺らさない方が周りの人が歌いやすいですからね。

 

どういう練習をすれば北山陽一さんのように歌えるか

北山陽一さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

北山陽一さんのように歌うポイント

  • 深い響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

深い響きを身につけるには

北山陽一さんのような低音ボイスは喉仏をしっかりと下げないと綺麗には出せませんね。喉仏を下げると深い響きが出せますね。

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きです。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。 鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。 特に歌声の中に深みを作るのに一役買いま ...

まとめ

北山陽一さんのように歌うポイントは

  • 深い響きを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 

おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.