歌声解説 歌声解説 男性シンガー

ゴスペラーズ 酒井雄二の歌唱力・歌い方 綺麗な響きの癖のないミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年6月21日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回はゴスペラーズの酒井雄二さん歌声について書いていきたいと思います。

ゴスペラーズと言えば、圧倒的な歌唱力を持ったグループですね。

 

あの美しいハーモニーはどんなグループも真似できないですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなゴスペラーズ酒井雄二さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、バランスのいい普通の声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域ですね。際立った高さではなく、意外と高めだな程度の高さですね。

声質はバランスが良くいい意味で普通の声質ですね。やや鼻腔に響く感じの声質です。

 

歌声は軟口蓋に綺麗に響くバランスのいいミックスボイス

酒井雄二さんの担当は主にコーラスやビートボックスですが、もちろんメインを取ることもあります。

歌声は癖のない美声という印象が強いですね。綺麗に軟口蓋に響き、芯のあるバランスのいいミックスボイスで歌っています。

地声がもともと明るくやや高めの声なので、地声からミックスボイスまで綺麗に繋がっていますね。

声の作り方がやや丸い感じの印象を受けるのは軟口蓋と鼻腔で空間を広く取っているからです。

 

どういう歌い方か

あまり大きな癖はないベーシックな歌い方ですね。フレージングがなだらかで、ロングトーンが得意な印象を受けます。

ビブラートはナチュラルにかかっていますね。

 

どういう練習をすれば酒井雄二さんのように歌えるか

酒井雄二さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

酒井雄二さんのように歌うポイント

  • バランスのいいミックスボイスを身につける
  • 鼻腔・軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

バランスのいいミックスボイスを身につけるには

バランスのいい声質を身につけるには自分の声質にあった練習が重要です。

声をどうしていきたいのかを考えながら、それに合わせて練習していきましょう。

上記リンクから練習方法に飛べるので参考にしてみてください。

 

鼻腔・軟口蓋への響きを身につけるには

鼻腔・軟口蓋絵の響きを身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

まとめ

酒井雄二さんのように歌うポイントは

  • バランスのいいミックスボイスを身につける
  • 鼻腔・軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.