歌声解説 男性シンガー

ゴスペラーズ 安岡優の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年6月21日 更新日:

今回はゴスペラーズの安岡優さん歌声について書いていきたいと思います。

ゴスペラーズと言えば、圧倒的な歌唱力を持ったグループですね。

あの美しいハーモニーはどんなグループも真似できないですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、声帯の鳴りの強い声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域ですね。

やや高めくらいの音域帯の声帯を持っていると感じます。

 

声質は声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質です。

息の成分は少なく声帯の鳴りの成分が強いですね。ジリジリ・ビリビリとした声帯の鳴りの倍音がしっかりとある声質です。

 

共鳴は偏りなくフラットな印象を受けます。

 

歌声は鳴りの強い地声を活かした発声

地声

低中音域は地声

柔らかい鳴り系の声質で歌うことが多いですね。地声の声質を考えると持っている地声の鳴りに息を流して柔らかくしているような印象を受けます。

 

柔らかで甘い歌声の地声域です。

結構高い音域帯まで地声域で歌っています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

そこまでミックスボイスらしいミックスボイスと言えるかは微妙なのですが、地声の延長線上くらいでやや声帯閉鎖させて強い中高音域を生み出しています。

柔らかく抜くようなミックスボイスを使うこともありますね。

 

ミドル域

強く鳴らすようなミドル域。

柔らかく抜くようなミドル域。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向主体の響きで、明るい音色作りです。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にしっかりとかけるタイプです。

メンバーの中では一番深くかけるタイプではないでしょうか。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

柔らかい鳴りを維持するような発声ので、全体的に滑らかな印象のある歌い方です。

フレーズも綺麗に繋げています。

ピッチ感も素晴らしいです。

どういう練習をすれば安岡優さんのように歌えるか

安岡優さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

安岡優さんのように歌うポイント

ポイント

鳴り系の声を身につける

深いビブラートを身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

鳴り系の声を身につける

声帯をしっかりと鳴らすようにした発声のトレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

力まず強い高音を出すための「ネイ」「ヤイ」トレーニング

続きを見る

このトレーニングは鳴り系の声で喉の脱力を促し、高音域のトレーニングにもなります。

安岡さんの場合、もともと鳴りやすい声帯なので持っている声帯によってはリップロールのような柔らかい鳴りを鍛えるトレーニングの方がいいかもしれません。

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

続きを見る

深いビブラートを身につけるには

ビブラートを身につけることで歌声の安定感が増しますし、美しさも増します。

安岡さんのようなビブラートを身につけるには安岡さんの真似をするのが一番です。ビブラートは個性が出るところでもあるので。

ビブラートの原理と練習方法について

続きを見る

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.