歌声解説 歌声解説 女性シンガー

歌い手 96猫の歌い方・歌唱力 響きのコントロールが変幻自在の声色を生む【歌声解説】

更新日:




今回は歌い手の96猫さんの歌声について書いていきたいと思います。

96猫さんと言えば、有名な歌い手の一人ですね。

 

その幅広い歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな歌い手の96猫さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、バランスのいい声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。そこまで低くはないのですが、女性の中ではやや低めの声ですね。

声質はバランスのいい声質で、息も綺麗に流れて声帯の鳴りもしっかりとしています。

大きな特徴はない普通お声室と言えそうですが、しっかりと鳴る声帯でいい声ですね。鳴りが強いのでよく通る声でしょう。

 

歌声は響きのコントロールで声色を使い分ける

おもにカッコイイ系の声と可愛い系の声を使い分けます。

相反する系統の声を2つメインで使っているようなタイプですね。

 

地声の感じだと深い響きで歌う声質がどちらかといえばメインの歌声でしょう。咽頭共鳴をしっかりと作り、深い響きの声で歌っています。

もう一つは喉の開きを浅く作った明るい可愛い系の声です。これは咽頭共鳴を少なくして、軟口蓋や鼻腔の方へ響きを作ることで浅い明るい響きを作り出しています。

 

どういう歌い方か

歌声の幅同様に歌い方もバリエーションがありますね。これ!という個性よりもバリエーションが売りなタイプでしょう。

深い響きは口を縦に開けるイメージで。浅い響きは口を横に開けるイメージを持つと96猫さんのように響きのコントロールがしやすいでしょう。

 

どういう練習をすれば96猫さんのように歌えるか

96猫さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

96猫さんのように歌うポイント

  • 深い響きを身につける
  • 鼻腔共鳴・軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

鼻腔共鳴・軟口蓋への響きを身につけるには

鼻腔共鳴・軟口蓋への響きを身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

まとめ

96猫さんのように歌うポイントは

  • 深い響きを身につける
  • 鼻腔共鳴・軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.