歌声解説 歌声解説 男性シンガー

歌い手 ちょまいよの歌唱力・歌い方 薄い閉鎖感と丸みのあるミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年6月30日 更新日:




今回は歌い手のちょまいよさんの歌声について書いていきたいと思います。

ちょまいよさんと言えば、有名な歌い手の一人ですね。

 

その歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな歌い手のちょまいよさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、柔らかい閉鎖感のある声

地声・話し声の音域は普通の音域ですね。まぁあまり話し声が聞き取れる情報(音源)も少ないので実は何とも言えないところですが。笑

歌声で使っている音域と比べるとかなり低く感じますね。咽頭共鳴寄りなのも低く感じる要因ですね。

柔らかい声帯閉鎖感のある声質です。バランスのいい普通の声質と言えるでしょう。

 

歌声は薄い閉鎖感のあるミックスボイス

歌声は主にミックスボイスを使っていますね。声帯を薄く使った柔らかいミックスボイスです。薄い閉鎖感と鼻腔と軟口蓋への響きで少し芯と丸みのある聴きやすい歌声を作っていますね。薄い閉鎖感を作る声質で声の芯と息のバランスが綺麗な声ですね。

上方向への響きに少し丸みをつけて柔らかく上に抜ける声を作っています。ファルセットへの切り替えも非常に上手く綺麗に切り替えていますね。

ファルセットが上手い人はミックスボイスがうまいです。

 

どういう歌い方か

大きな癖はないベーシックな歌い方です。ビブラートはあまりかけずにまっすぐにピッチをとるタイプですね。

映像はないので確定的なことは言えませんが、口の開きはそこまで大きくなく、さらりと語るように歌うような印象が強いですね。口をあまり開けない方で鼻腔に声が響きやすいというメリットがあります。

 

どういう練習をすればちょまいよさんのように歌えるか

ちょまいよさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ちょまいよさんのように歌うポイントは

  • 薄い閉鎖感のミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

薄い閉鎖感のあるミックスボイスを身につけるには

薄い閉鎖感のあるミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習を地声の音域で練習するのが良いでしょう。

リップロールは柔らかい声帯の閉鎖感が身につきやすい練習方法です。

あまり高音域で無理をするのではなく、まずは地声の音域からリップロールで柔らかい声質にしていきましょう。

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

鼻腔共鳴を身につけるには

鼻腔共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

まとめ

ちょまいよさんのように歌うポイントは

  • 薄い閉鎖感のミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.