声や歌について

高い声を出す方法|アプローチ方法を考えよう

投稿日:2018年6月30日 更新日:

今回は高い声を出す方法というものに焦点を当てて書いていきたいと思います。

高い声を出したい、どうやって高い声が出せるのかというものは出せない人にとって大きな悩みですよね。

ただ、一概に高い声がいいものとは言い切れないですし、個人的には声の高さが評価される音楽というものはあまり好きではありません

 

しかし、人は自分にできないものには憧れてしまうものです。

そういう点では高い声には人を惹きつける不思議な魅力があるように感じます。

 

今回はそんな高い声について書いていきたいと思います。

あなたが出したい高音は地声?ミックスボイス?ファルセット?

一概に高音と言っても様々な高音があります。

地声なのか、ミックスボイスなのか、ファルセットなのか、ヘッドボイス(ファルセットの仲間)なのか。

 

おそらく大抵の人は地声・もしくはミックスボイスが出したいでしょう。

地声のように聞こえる高音域というものが欲しいのだと思います。

 

もちろんファルセットも最近の歌唱傾向的には昔よりも随分と主流になっている高音の出し方です。

むしろこれからはどんどんそういう傾向になって行くのではないかと思われます。

 

地声を鍛えるのか、ミックスボイスを練習するのか

地声を鍛えるには限界があります。人の地声にはその声帯の使い方では限界となる音域というものが存在するのです。

 

その位置も個人個人によって変わります。

そこで登場するのがミックスボイスですね。少し違う声帯の使い方をすることで地声の限界よりも高い音が出せるのです。(ちなみにミックスボイスにも同様に限界の音域はあります。)

 

結局ミックスボイスというというものに行き着くのですね。

 

ミックスボイスについて詳しくは別記事にまとめています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

【ミックスボイスとは?】出し方・感覚・練習方法について

 

高音域を出すには

ココがポイント

高音域とはどんな形であれファルセットではない強い高音域を出したいのなら、「締める」しかないのです。

何をか?

「喉を」です。

いや、「声帯を」です。

高い音を出すのですから、声帯をしっかりと閉じて小さな弦を震わせるように使わないと高い音にはなりません。

高い声が上手く出せる人と出せない人の違い「声帯」を締めているのか「喉」を締めているのかの違いです。

高い声が苦しい人は喉全体が締まってしまうのが問題なのです。

高い声が出せる人は「声帯のみ」をしっかりと締められるから苦しくないのです。

 

高い声が出せない人は内喉頭筋がうまく使えずに外喉頭筋で音をコントロールしようとしてしまいますが、高い声が出せる人は内喉頭筋をうまく使って高い音に調節することができるのです。

 

内喉頭筋と外喉頭筋について詳しくはこちらの記事にまとめていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

内喉頭筋を鍛える?外喉頭筋を鍛える?発声に作用する筋肉群の効果

今回は声帯や喉仏の周りをコントロールする喉頭筋について書いていきたいと思います。 そもそも声というものはこの喉頭筋群の働き無しでは成り立ちません。   つまりボイストレーニングで鍛えているの ...

続きを見る

 

「喉を締めてはいけない」とよく言います。それはもちろんそうなのですが、高音が出ないのなら締めないと始まりません

 

締めて喉を開いて行くのです。最初っから開いていては声帯も仲良く開いています(ゆるまっている)。

締まった状態から喉を開いていく(脱力していく)のは簡単ではありません。しかし、喉が開いた状態で声帯だけを締めていくのは高音が出せない人にとってはもっと難しいです。そういう運動神経・習慣・感覚がないのだから。

 

高音域の練習方法

具体的には以下の練習をしていけばいいと思います。

 

練習方法

どれも脱力(喉を締めない)を少しづつ身につけていけるトレーニングです。

無理は禁物ですが、ある程度は無理してもいいと思っています。(自己責任で)

 

無理しないと(喉締めないと)その音域の声帯の使い方がいつまでたってもできない気がします。

トレーニング方法が脱力をサポートしてくれるでしょう。

 

最初は喉がかゆかったりするのですが、そのかゆさは喉が今まで使ったことのない声帯の使い方に驚いているのです。

続けると慣れます。

 

地声と裏声の交互発声の練習も高音発声には最適です。高音発声に必要な輪状甲状筋が鍛えられます。

詳しい内容な別記事にまとめているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

地声と裏声の交互発声|輪状甲状筋を鍛える

今回は「地声と裏声の交互発声」について書いていきたいと思います。 地声と裏声を交互に連続して繰り返す練習をすることはとてもいいボイストレーニングになります。   今回はそんな「地声と裏声の交 ...

続きを見る

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.