ボイストレーニング 声や歌について

高い声を出す方法|アプローチ方法を考えよう

更新日:




今回は高い声というものに焦点を当てて書いていきたいと思います。

高い声を出したい、どうやって高い声が出せるのかというものは出せない人にとって大きな悩みですよね。

一概に高い声がいいとは言い切れないですし、個人的には音の高さが評価される音楽というものはあまり好きではありません。

 

しかし、人は自分にできないものには憧れてしまうものです。

高い声には人を惹きつける不思議な魅力があるように感じます。

今回はそんな高い声について書いていきたいと思います。

あなたが出したい高音は地声?ミックスボイス?ファルセット?

一概に高音と言っても様々な高音があります。

地声なのか、ミックスボイスなのか、ファルセットなのか、ヘッドボイス(ファルセットの仲間)なのか。

 

おそらく大抵の人は地声・もしくはミックスボイスでしょう。

地声のように聞こえる高音域というものが欲しいのだと思います。

 

もちろんファルセットも最近の歌唱傾向的には昔よりも随分と主流になっている高音の出し方です。

むしろこれからはどんどんそういう傾向になって行くのではないかと思われます。根拠はないですが。笑

 

地声を鍛えるのか、ミックスボイスを練習するのか

地声を鍛えるには限界があります。人の地声にはその声帯の使い方では限界となる音域というものが存在するのです。

それ位置もちろん個人個人によって変わります。

そこで登場するのがミックスボイスですね。少し違う声帯の使い方をすることで地声の限界よりも高い音が出せるのです。

結局ミックスボイスというというものに行き着いてしまうわけですね。

 

ミックスボイスについてはこちら

ミックスボイスは簡単?出し方・感覚を確認して正しい練習法でトレーニングしよう

 

高音域を出すには

高音域とはどんな形であれファルセットではない強い高音域を出したいのなら、「締める」しかないのです。

 

何をか?

「喉を」です。

いや、「声帯を」です。

 

高い音を出すのですから、声帯をしっかりと閉じて小さな弦を震わせるように使わないと高い音にはなりません。

高い声が出せる人と出せない人の違いは「声帯」を締めているのか「喉」を締めているのかの違いです。

高い声が苦しい人は喉全体が締まってしまうのが問題なのです。

高い声が出せる人は「声帯のみ」をしっかりと締められるから苦しくないのです。

 

高い声が出せない人は内喉頭筋がうまく使えずに外喉頭筋で音をコントロールしようとしてしまいますが、高い声が出せる人は内喉頭筋をうまく使って高い音に調節することができるのです。

 

内喉頭筋肉と外喉頭筋肉について

内喉頭筋を鍛える?外喉頭筋を鍛える?発声に作用する筋肉群の効果

 

喉を締めてはいけないとよく言います。それはそうなのですが、高音が出ないのなら締めないと始まりません。

締めて喉を開いて行くのです。最初っから開いていては声帯も仲良く開いています(ゆるまっている)。

締まった状態から喉を開いていく(脱力していく)のは簡単ではありません。しかし、喉が開いた状態で声帯だけを締めていくのは高音が出せない人にとってはもっと難しいです。そういう運動神経・習慣・感覚がないのだから。

 

高音域の練習方法

具体的には以下の練習をしていけばいいと思います。

どれも脱力(喉を締めない)を少しづつ身につけていけるトレーニングです。

無理は禁物ですが、ある程度は無理してもいいと思っています。(自己責任でお願いします。笑)

 

無理しないと(喉締めないと)その音域の声帯の使い方がいつまでたってもできない気がします。

トレーニング方法が脱力をサポートしてくれるでしょう。

最初は喉がかゆかったりするのですが、そのかゆさは喉が今まで使ったことのない声帯の使い方に驚いているのです。

続けると慣れます。

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

自宅でカラオケ練習ができるグッズ

歌の練習に最適な自宅でできるカラオケグッズです。

かなりの高機能・高音質で一人で楽しみたい人からみんなで盛り上がりたい人まで楽しめるグッズです。

 

カラオケマイク・Bluetoothスピーカー・録音マイクの機能を持ち、ワイヤレスでも有線でも楽しめるAmazonベストセラーのグッズです。

カラーバリエーションも豊富です↓

類似商品。こちらは防音機能が特徴

おすすめ記事

-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.