歌声解説 女性シンガー

藍井エイルの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年7月1日 更新日:

今回は藍井エイルさんの歌声や歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声・話し声の音域はやや低め〜普通の音域

音域的にはやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質

特に「息」と「鳴り」に偏りはないタイプと言えるでしょうが、どちらかと言えばくっきりと鳴るタイプの声質という感じです。ややエッジ感もありますね。

持っている声帯

やや低め〜普通の音域・バランスよくしっかりと鳴る声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス

低中音域は地声(チェストボイス)

フレーズによって「息っぽい発声」〜「しっかりと鳴らす発声」まで使い分けていますが、低中音域は息がしっかりと流れる綺麗な透明感のある発声がメインです。息の倍音成分がしっかりと乗ったバランスのいい発声が魅力の一つですね。

 

ミドルレンジ

地声の中高音発声(≒ミックスボイス・ミドルボイス)。

声帯に強い息の圧力をかけることでパワフルな中高音発声を生み出しています。低中音域と比較すると声帯の鳴りが強まるためくっきりとした芯のある音色の発声になっています。

また、喉全体の空間自体はしっかりと保つようにしているので広がりのあるやや太くかっこいい発声を実現させています。

こういう強い鳴り+太さのある地声の発声のことをベルティングボイスと言ったりしますね。

 

ファルセット

高音域は裏声(ファルセット)

パワフルな発声だけでなくファルセットも綺麗に使いこなすのも魅力の一つでしょう。

綺麗な抜け感のある心地よいファルセットを自在に使いこなしています。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は上下の広がりの良さが特徴でしょう。

  • 上方向(鼻腔・口腔)へ明るく響かせる
  • 下方向(咽頭腔)へ太く響かせる

という上下の使い分けや共存によって広がりのある音色を作り上げています。

明るい音色〜クールでかっこいい響きまでコントロールしていますね。

 

ビブラート

フレーズにもよるのですが、ビブラートはそこまでかけるタイプではないでしょう。かける場合はやや細かくかかっていますね。

 

フレージング・歌い回し

『ストレートで伸びやか、かつ歯切れもいい歌い回し』というタイプでしょう。

直線的なピッチ感で伸びやかに音をつなげていくようなスタイルがベースと言えるでしょうが、音の歯切れの良さリズミカルさも兼ね備えています。

ピッチ感やリズム感も非常によく素晴らしい歌唱力です。

どういう練習をすれば藍井エイルさんのように歌えるか

藍井エイルさんのように歌うポイントは

ポイント

パワフルな中高音発声を身につける

これが重要でしょう。

太いパワフルな中高音発声を身につけるには

藍井エイルさんはパワフルな鳴りの広がりのある中高音発声を使いこなしています。

強い鳴りの高音域を鍛えるには「ネイ」「ヤイ」トレーニンググッグトレーニングがおすすめです。

「ネイ・ヤイ」は鳴りの強化、「グッグ」は広がりのある音色の強化につながります。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.