ボイストレーニング 声や歌について

ビブラートの質は人によって違う|音の波の幅と高さで考える

更新日:




今回はビブラートの種類について書いていきたいと思います。

ビブラートには種類というか個性があります。一概にビブラートと呼べるものであっても人によって様々だということです。

音の揺れを全部ビブラートとは音楽的に言えないとかそういう堅い説もあるのですが、難しいことは置いておいて、大まかに見ましょう。笑

今回はそんなビブラートについて書いていきたいと思います。

ビブラートの種類

歌声は声が高いとか低いとかいろいろな軸で判断できますよね。ビブラートも同じように判断する軸があります。

 

ビブラートは大きく分けると2つに軸で判断できます。

それが深さ細かさです。

言い換えると音の波の高さです。

 

深さ・波の高さ

深いビブラートか浅いビブラートかというものです。

実質浅いビブラートというのは理屈では存在しますが、ないに等しいものですね。

 

これはピッチのブレの幅を指します。

だいたいビブラートは半音程度音を揺らすのが基本的です。

 

あまりいないですが、時に1音くらい揺らす人もいます。演歌歌手の人だったり、例えば、美輪明宏さんなんかがそうですね。こういうビブラートはかなり深いビブラートと言えるでしょう。

 

つまりこれは音の波の揺れの大きさ=高さですね。

 

細かさ・波の幅

細かいビブラートか緩やかビブラートかということです。(細かいの対義語は粗いですが、粗いビブラートというとなんかわかりにくいので緩やかなビブラートとします。しっくりくるので。笑)

 

これはブレの速さ・回数ですね。時間内にどれだけ音を揺らしているかという点です。

 

細かいビブラートは震えているような寂しさが表現しやすいですし、緩やかなビブラートは壮大さを感じさせてくれますね。

 

細かすぎるとそれはもうただの震えですし、緩やかすぎるとただの音程の変化ですね。

人間がビブラートと認識するにはある程度の範囲がありそうです。

 

細かいビブラートは宇多田ヒカルさんなんかが細かいビブラートと言えそうです。

緩やかないビブラートは美空ひばりさんだとかがそうですね。

 

つまりこれは音の波の揺れの回数=幅ですね。

 

まとめ

このビブラートの種類の考え方の軸を理解することで、自分に合うビブラートが見つかるかもしれませんし、練習もしやすくなるかもしれません。

 

ただ、「あの人のビブラートは深い」と言った表現をする時にそれが音の波の高さなのか、幅なのかという点ではなんとも言えないところです。両方を総じて考えて、深いという表現をしているように感じます。当ブログでも深いビブラートと解説することはあるのですが、総合的に考えてという意味で使っています。わかりにくくてすみません。

 

ビブラートは奥が深いです。

 

ビブラートの練習方法はこちら

 

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

自宅でカラオケ練習ができるグッズ

歌の練習に最適な自宅でできるカラオケグッズです。

かなりの高機能・高音質で一人で楽しみたい人からみんなで盛り上がりたい人まで楽しめるグッズです。

 

カラオケマイク・Bluetoothスピーカー・録音マイクの機能を持ち、ワイヤレスでも有線でも楽しめるAmazonベストセラーのグッズです。

カラーバリエーションも豊富です↓

類似商品。こちらは防音機能が特徴

おすすめ記事

-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.