歌声解説 歌声解説 女性シンガー

歌い手 YURiCa/花たんの歌唱力・歌い方 パワフルな声量と高音ビブラート【歌声解説】

投稿日:




今回は歌い手のYURiCa/花たんさんの歌声について書いていきたいと思います。

YURiCa/花たんさんと言えば、有名な歌い手の一人ですね。

 

その高い歌唱力を持つ歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな歌い手のYURiCa/花たんさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、あどけない声

地声・話し声の音域は普通の音域ですね。声質は声帯閉鎖が強く声帯の鳴りが強いタイプです。息はあまり流れない声質です。

共鳴も咽頭共鳴寄りの響きです。あまり共鳴させずに浅い明るい響きで声帯の鳴りだけで話しているような声です。

あどけない可愛らしい話し方が特徴的ですね。

歌声とは随分違う声です。

 

歌声は主に3種類の声を使っている

歌声は話し声とは違い息が綺麗に流れています。話し声は比較的喉を鳴らしているような声なのですが、歌声は息が綺麗に流れて共鳴もしっかりあります。全体的に軟口蓋への響きが綺麗ですね。喉をしっかり開いているような発声です。

 

低音域は息の流れる地声を使っています。中高音域はやや太めの強いミックスボイスを多く使っています。閉鎖が強く声帯の鳴りも強いのですが、喉を広く保って深い響きを作っているのでパワフルな太いミックスボイスになっています。

 

また、特徴的なのがファルセットですね。高音域で主に使う声ですが、このファルセットがかなりの芯があります。ややミックスボイス的な性質を持ったファルセットです。綺麗に裏返っているのでファルセットなのですが、綺麗な芯を持った声帯閉鎖の強いミックスボイスに近いファルセットです。ヘッドボイスと言われたりしますね。

 

どういう歌い方か

ビブラートが非常に美しいですね。特に強いミックボイスでの高音やファルセットでも綺麗にビブラートをかけられるのが特徴ですね。高音域でのビブラートは心地よさと力強さの融合で感動を生み出しますね。

ピッチ感も非常によく、かなり高い歌唱力を持っています。

大きな癖はないオールラウンドに歌える歌い方です。

 

どういう練習をすれば花たんさんのように歌えるか

花たんさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

花たんさんのように歌うポイントは

  • 強いミックスボイスを身につける
  • 芯のあるファルセットを身につける
  • ビブラートを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

強いミックスボイスを身につけるには

強いミックスボイスを身につけるには「グッグトレーニング」が最適です。

このトレーニングは強めのミックスボイスや太いミックスボイス(喉を開いたような)を身につけるのに最適です。

このトレーニングで強い高音域を身につけましょう。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスに鍛える

 

ファルセットを練習する

芯のあるファルセットを身につけるにはファルセットをひたすら練習するしかありません。

ファルセットで閉鎖系のトレーニングをやってみたり、エッジボイスの練習をしてみたりしましょう。

 

ファルセットについてはこちら

裏声(ファルセット)の重要性を紐解く

ビブラートを身につけるには

ビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

 

詳しい練習法はこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

 

まとめ

花たんさんのように歌うポイントは

  • 強いミックスボイスを身につける
  • 芯のあるファルセットを身につける
  • ビブラートを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.