【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

野口五郎の声や歌唱力についての分析

更新日:

今回は野口五郎さんの歌声について書いていきたいと思います。

野口五郎さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する偉大なシンガーですね。

その歌唱力の高さは素晴らしいですね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、柔らかいバランスのいい声質

地声・話し声の音域は普通の音域ですね。

音域的に普通くらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

声質は声帯の鳴りと息のバランスのいい声質です。息もしっかりと流れつつそれに合わせて声帯も鳴るような軽やかな声質を持っています。

共鳴は上下に偏りなくフラットな印象を受けます。

持っている声帯

普通くらいの音域・バランスのいい軽やかな声質

歌声は地声とミックスボイス

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

息の流れと声帯の鳴りのバランスのとれた声質です。息の上にしっかりと声を乗せる軽やかな声質です。

地声

前半部分は地声。後半からミックスボイス。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。と入っても地声の延長線上くらいの発声と捉えてもいいと思います。

非常にバランスのとれたくっきりとした鳴りのミックスボイスを高音域まで自在に使いこなしています。

地声域と比較すると声帯の鳴りを強める分、息の倍音よりも鳴りの倍音へと音色がシフトしているのがわかります。この中高音発声で柔らかい声質を作ったり、パワフルな声質を作ったりしています。

ミックスボイス

歌声

バランスのいい地声域・芯のあるミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は上下に綺麗にコントロールしています。

ビブラート

深いビブラートが特徴的ですね。強いフレーズでも綺麗にビブラートがかかります。野口五郎さんのように歌うにはこのビブラートは必須と言ってもいいでしょうね。

フレージング・歌い回し・歌唱力

歌い方は歌謡曲調と言えるスタイルですが、大きな癖はなくベーシックになんでも歌いこなすタイプですね。

ピッチ感やリズム感もよく素晴らしい歌唱力です。

どういう練習をすれば野口五郎さんのように歌えるか

野口五郎さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

野口五郎さんのように歌うポイント

ポイント

深いビブラートを身につける

しっかりと鳴る中高音発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

深いビブラートを身につけるには

ビブラートの練習は1番のオススメは真似をすることです。ビブラートというのは人によって個性が出るポイントでもあるので野口五郎さんのようなビブラートは真似をするのが一番です。

とは言えコツも何もつかんでいない人がいきなり真似をすることはできないはずです。

ビブラートのコツを掴む練習方法はこちら

しっかりと鳴る中高音発声を身につける

野口五郎さんのような芯のある中高音発生は声帯を閉鎖させて鳴りの強い声を出さなければいけません。

しかし、声帯を締めるために喉を締めてしまっては、聞き辛い声になるだけです。そうならないためのトレーニングは「ネイ・ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは鳴りの強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.