ボイストレーニング 声や歌について

高音域の練習は喉を締めろ!?|脱力からのアプローチが全てではない

投稿日:2018年7月16日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は「喉を締めてはいけない」という教えについて書いていきたいと思います。

よく「喉を締めてはいけない」だったり「喉に力を入れてはいけない」だったりする教えがありますよね。

 

それは当然そうなのかもしれませんが、その言葉の捉え方が重要だと思っています。

高音が苦手な人が、その言葉を鵜呑みにするとなかなか大変かもしれません。

今回はそんな「喉を締めてはいけない」について書いていきたいと思います。

「喉を締めてはいけない」とは

その言葉通りの意味ですが、主に高音域での話が多いですね。

 

高音域が苦手な人が、高音域を頑張って発声するときに喉を締めてしまうことが多いです。

喉を締めると声帯を締めるのは別物ですよ。)

 

当然喉を締めたりすると苦しい聞き辛い発声ですし、魅力的な高音には程遠いです。

そんな時に「喉を締めてはいけない」「喉に力を入れてはいけない」と教えられるのですね。

 

言ってることは正しいですし、異論はないのですが、高音が苦手な人がこの言葉を鵜呑みにすると高音域を手に入れるのに時間がかかるかもしれませんし、望むような高音は得られないかもしれませんね。

 

なぜ喉が締まるのかを考える

なぜ喉が締まるのかを考えることが重要です。

 

ココがポイント

なぜ喉が締まるのか

声帯を自由にコントロールできない=高音を出すだけの調整が声帯だけではできない=喉の周りの筋肉や舌を使ってなんとか出そうとする=喉が締まる

のです。

つまり喉と声帯の動きが同じ動きをしてしまうのです。

これがコントロールできる人だと声帯のみを締められる=声帯と喉を切り離して動かすことができるのです。

この内容について詳しくまとめた記事はこちらです。興味のある方はぜひ読んでみてください。

歌うとき喉が締まってしまう原因は?|声量と高音

今回は喉が締まる理由について詳しく書いていきたいと思います。 歌において喉が締まる状態になってしまう人は多いのではないでしょうか? 特に高音発声は喉が締まるという方も多いと思います。   そ ...

続きを見る

 

これを踏まえずに言葉を鵜呑みに考えてしまうと、多くの人は力を抜こう抜こうとしながら高音の練習をします。

 

ココに注意

力を抜こう抜こうと考えながら練習するということは脱力を最優先においた練習です。

そうすると、高音は弱々しい発声になることが多いです。

まだ声帯と喉が感覚的に切り離されていない状態なので、喉の緩めにひっついて声帯もゆるまっちゃいます。

その状態で高音を出そうとするのですから、弱々しい高音の練習にしかならないことが多いです。その結果強い高音は手に入れにくいのです。(ファルセットの練習にはいいかもしれませんね。)

 

高音域は喉を締めてから声帯と喉を切り離していくアプローチの方がいいかも

上記内容を考えると高音域のトレーニングは、喉に力が入ってもいいから、声帯を締めて、そこから喉の締まりを切り離していくようなアプローチをとった方がいいような気がします。

 

最初から力を抜こうとするのではなく、苦しくてもその音域まで出してそこから脱力を身につけるようなアプローチです。

このアプローチをとった方が結局高音域の習得は早いように思えます。あくまで個人的意見ですが。

脱力ばかり考えると伸び悩んだり、成長しなかったり。

 

ただこういうアプローチは危険だとか喉に悪いと言われたりします。確かに練習中は聞き辛い声の練習になります。張り上げたり締めたり苦しそうな感じになったり。人に聴かせられるものではないかもしれませんね。

 

でも本当に喉に悪いんですかね? 野球部員だったり剣道部員だったりの声を出すスポーツなんかでは、毎日叫ぶように声出してる人もいると思うんですけどね。それでものど壊さない人の方が多いはずです。

それに比べば高音トレーニングは可愛いもののように感じます。

 

聞き辛いから力を入れるなっていうボイストレーナー達の要望的なものが定説として広まったのではなかろうか。

まぁでも練習するのは個人責任でお願いします。

 

ココに注意

変声期の方(特に男性)は少し注意した方がいいかもしれませんね。

でも、もし高音練習するなら脱力からのアプローチの方が変な弱々しい高音のくせがつきそうな気がします。変声期でも締めて脱力のアプローチがいいような。

まぁやるならですが。ファルセットだけは失わないように注意です。

変声期のボイストレーニングについて詳しくはこちらの記事に書いています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

声変わり(変声期)のボイストレーニングでの注意点や失敗

今回は変声期のボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 声変わりの時期というのはボイストレーニングをあまりしてはいけないという風によく言われます。 実際にはどうなのでしょうか。 &nbsp ...

続きを見る

 

まぁどちらにせよ最終的には脱力した高音を目指すのですが、何をベースに練習してくかということが成果のスピードや質に関わるということですね。

 

喉の脱力についてはこちらの記事にまとめているので、興味のある方は参考にしてみてください。

喉の脱力と歌の成長について

今回は脱力と歌の成長について書いていきたいと思います。 歌の成長において脱力というのは重要な要素です。 歌において成長と脱力は切っても切れない関係にあります。   しかし、脱力に気を取られす ...

続きを見る

 

まとめ

高音域の練習は

「締めてから脱力」ですね。

「脱力してから締める」のは難しいアプローチで、高音を出せない人にとっては成長しにくいアプローチのように思えます。

 

とは言え、格好だけなら最初は後者の方がつきます。し、ボイトレの風潮は「一に脱力・二に脱力」という感じです。

最終的に目指すのは脱力なので、最初からそれをベースの練習していこうとするのは間違いではないです。

 

が、結局少々無理した上で、それを脱力していけるようにするアプローチの方が高音が苦手な人にとっては成長が早いような気がするし、結局いい高音を手に入れられるのではないか説。

という記事でした。

 

脱力の中で最も最強のトレーニングと考えられるのはリップロールです。リップロール最強説についての記事はこちらです。ぜひ読んでみてください。

最強のトレーニングは?|もしもボイトレが一つしかできないなら、どのトレーニングをするか?

今回は「もしもボイストレーニングが一つしかできないのなら何をするか?」ということについて書いていきたいと思います。 まぁ一つしかできない状況なんてないし、こういう問いかけでなくてもいいのですが。 &n ...

続きを見る

 






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.