声や歌について

よく通る声におけるカ行・サ行・タ行の重要性|子音を強調させよう

更新日:




今回は「カ行・サ行・タ行の重要性」について書いていきたいと思います。

もちろん日本語はこれら以外にもたくさんあるので全て重要なのですが、日本語は特にこの「カ行・サ行・タ行」が重要です。

今回はそんな「カ行・サ行・タ行の重要性」について少し短めですが、書いていきたいと思います。

 

カ行について

舌の奥の方を使って出す子音。舌を上アゴにつけてから勢いよく離すことによってできる音。

子音が立ちやすい音です。舌の動かし方次第で強弱がつく。

 

サ行について

舌と歯と息を使って出す子音。息が子音の強弱に大きく関わる子音。

英語圏の人はこれが強いことが多い。日本人はそれに比べると弱い。

息の量次第で強弱がつく

 

タ行について

舌の前の方を使って出す子音。舌先を上アゴにつけてから勢いよく離すことで鳴る音。

舌の動かし方次第で強弱がつく

 

なぜこの3つが重要なのか

この3つは子音の強弱のコントロールができるのです。つまり子音を強調しやすい子音なのです。

 

どういうことか。

 

例えばナ行やラ行。舌を使う子音なのですが、子音の音を強くしろと言われてもなかなかできません。

無声音(声帯を鳴らさずに、息だけで話す)で声を発してみるとよくわかります。

ナ行やラ行で子音を強くしろと言われても大して強くすることはできないでしょう。大きくしようとしても域の量が増えるだけで子音自体は大きくすることができません。

 

しかし、カ行・サ行・タ行はどうでしょう?舌の勢いや息の量で子音を強調しやすいと思います。子音の音を大きくすることができるのです。

 

子音を強調することで人の耳に届きやすい

子音を強調することで、なんて言っているのか判別しやすいです。判別しやすいということはそれだけ意味を理解できるし、伝わりやすいということです。

 

伝わりやすいということは聞き取りやすいということ。

歌にしても話すにしても良く通る声と言えるはずです。もちろん通る声の要素はたくさんありますが、発音面においてということです。

 

子音を強調することは音の倍音を豊かにするので、心地よく通る声になるのです。

 

つまり強調させることができる子音「カ行・サ行・タ行」をしっかりと発音することが心地よい発音につながるのです。

 

まとめ

カ行・サ行・タ行は強調しやすい子音なので、できるだけしっかりと発音することを心がけることで、歌や声に伝わる力や心地よさをつけることができるでしょう。

 

ボイストレーニング各種はこちら

 

おすすめ記事

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.