歌声解説 歌声解説 男性シンガー

SMAP 木村拓哉の歌唱力・歌い方 芯のある柔らかいミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年7月16日 更新日:




今回はSMAPの木村拓哉さんの歌声について書いていきたいと思います。

SMAPと言えば、「元」をつけるかどうか悩ましいところですが、SMAPは永遠に不滅ということであえて元をつけないでおきましょう。知らない人はいない大人気グループですね。

 

何と言っても楽曲の素晴らしさ、五人の歌声は多くの人を魅了しました。

そして今なお多くの人を魅了しています。

今回はそんなSMAPの木村拓哉さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、息の成分が多く咽頭共鳴の強い声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。声質は声帯の鳴りもしっかりしているのですが、息の成分が多い声質です。

息の成分が多いので軽やかな声質となっています。

共鳴は咽頭共鳴が強く下方向への響きが強いですね。

 

歌声は地声と地声的な閉鎖系のミックスボイスを主に使っている

低中音域は地声を使っていますね。本来持っている声をそのまま使っているような感じです。自然に息が流れるような声です。

中高音域は閉鎖系のミックスボイスを使っています。普通の地声の状態よりもやや喉を締めてミックスボイスを作り出しているような感じですね。柔らかく芯のあるミックスボイスです。

 

どういう歌い方か

リズムを若干後ろにかますような歌い方が特徴的ですね。もちろん普通のリズムで歌うこともあるのですが、後ろに少しかますようなリズムを取ることが多いです。遅らせると言ってもほんの若干ですよ。

そういうリズムの取り方なので当然ピッチ感もややしゃくり気味に歌うことが多いです。

しゃくりも一種のテクニックなので、良いとか悪いとかではありません。

ビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うことが多いです。

 

どういう練習をすれば木村拓哉さんのように歌えるか

木村拓哉さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

木村拓哉さんのように歌うポイント

  • 閉鎖系のミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

閉鎖系のミックスボイスを身につけるには

閉鎖系のミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは閉鎖の強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

まとめ

木村拓哉さんのように歌うポイント

  • 閉鎖系のミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.