ボイストレーニング 声や歌について

歌におけるブレス・息継ぎについて

投稿日:2018年7月19日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は息継ぎ・ブレスについて書いていきたいと思います。

息継ぎというのは歌において非常に重要なものです。

 

歌において「息」というのは非常に重要で、その息を吐く準備こそが息継ぎですよね。

つまり息継ぎというのは重要だと言えるのです。

今回はそんな息継ぎについて書いていきたいと思います。

 

息継ぎ・ブレスとは

言うまでもなく、声を発する前に息を吸うことです。

それ以上でもそれ以下でもありません。歌において切っても切り離せないものですね。

 

息継ぎの仕方

息継ぎの仕方は大きく分けて3種類あると思います。

 

息継ぎの仕方

  • 口だけで息を吸う
  • 口と鼻で息を吸う
  • 鼻だけで息を吸う

 

の3種類ですね。

この3種類は別にどれが良くてどれが悪いというのはあまり無いように思えます。

 

口だけで息を吸う

一番ブレス音が入りやすい息の吸い方ですね。口で吸うのでしっかりと息が吸えますが、その分大きなブレス音が鳴ります。

ブレスも歌の一部ですので、ブレス音自体は悪いものではありません。

大きなブレスは力強さの予兆だったりを感じさせます。

 

鼻で息を吸う

ブレス音があまり聞こえないですし、マイクなどで歌う場合はさらにブレス音が小さく鳴ります。

ブレス音が小さい分、息を据える量が少ないですね。

 

緩やかなフレーズの前や小さなフレーズの前で使うと静かな印象を作れます

 

口と鼻で分けて吸う

口と鼻の両方で吸うのは、まぁ上記2つの間という感じですね。

まぁ人によって違うこともあります。

 

自分に合う吸い方でいい

ブレスの仕方自体は何が良くて何が悪いかなんていうのはないと思います。

自分にあった吸い方でいいと思います。

 

一流のシンガーは吸い方までフレーズによって変えていたりします。

すごいですね!

 

ブレスの時間

ブレスには時間があります。

 

ゆっくりと息を吸うブレス瞬間的に息を吸うブレスですね。

 

もちろんフレーズの間の時間に左右されるものですが、ゆっくりと息を吸うと流れるような歌の印象を与えますし、柔らかさや余裕というものを感じさせます

逆に瞬間的に吸うことで切迫感や力強さ、迫力を表現することができます。

 

ブレスは意識が大切

息を吸うとき人は自然に吸います。特に歌うときというのは声を出す方ばかりに意識が集中して吸う方は意識がいかないことが多いです。

 

いいブレスをするにはまずしっかりとタイミングよく「吸う」ということ意識しましょう。

ますは吸うということを考えるだけで、ブレスの質は少しづつ良くなってくると思います。

 

ブレスのために重要な肺活量と歌の関係性についてはこちらの記事に書いているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

肺活量と歌の関係性|肺活量の鍛え方

今回は肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。 歌において「肺活量がすごい」とかいう表現で人を褒めたりしますね。   実際には、肺活量=声量ではないことははっきりと言えるのですが、 ...

続きを見る






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.