【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌のスキル・テクニック

歌における『ブレス・息継ぎ』の仕方とトレーニング方法について

更新日:

今回は歌における『息継ぎ・ブレス』についてです。

この記事は

  • 息継ぎ・ブレスについて
  • 息継ぎの仕方について
  • 息継ぎ・ブレスのトレーニング方法について

という内容です。

『息継ぎ・ブレス』とは

歌における「息継ぎ=ブレス」とは

声を発する前に息を吸うこと

です。

 

非常に簡単で誰でもできますが、意外と奥が深いものでもあります。

声において・歌において切っても切り離せないものとも言えるでしょう。

 

息継ぎの仕方

考えられる息継ぎの仕方は大きく分けて3種類あると思います。

息継ぎの仕方

  • 口だけで息を吸う
  • 鼻だけで息を吸う
  • 口と鼻の両方で息を吸う

この3種類ですね。

 

この3種類はどれが良いだの悪いだのがよく議論になりますが、別にどれが良くてどれが悪いというのはあまり無いように思えます。

 

正しいとか正しくないではなく、

個人個人に合った息継ぎ・ブレスを見つけることが一番重要なのではないかと考えています。

どの方法をとってもそこまで大きな差は生まれないと思います。

 

口だけで息を吸う

もっとも主流な息の吸い方ですね。

基本的には口で吸うという人が大半なのではないでしょうか。

 

  • たくさんの息を吸うことができる
  • ブレス音が入りやすい

 

一番ブレス音が入りやすい息の吸い方ですね。

口で吸うのでしっかりとたくさんの量の息が吸えますが、その分大きなブレス音が鳴ります。

 

昔の音楽はわざわざブレス音を除去したりするほどにブレスの音があまりいいものとされていなかったのですが、現代においてはブレスの音も音楽の一部というニュアンスのほうが強いと思います。

 

鼻で息を吸う

基本的に鼻でブレスをする人はそこまで多くないように感じます。

  • 口に比べると同じ力で吸える息の量は少ない
  • ブレス音が入りにくい

 

ブレス音があまり聞こえないですし、マイクなどで歌う場合はさらにブレス音が小さくなります。

 

息を吸う道が狭いので、息を吸える量が少ないですね。ブレス音が小さいということがメリットに感じられる人は鼻で吸う方がいいですね。

例えば、緩やかなフレーズの前や小さなフレーズの前で使うと静かな印象を作れます

 

人によってはこちらの方が吸いやすいなどもあるかと思います。

 

口と鼻の両方で息を吸う

  • 口で吸う、鼻で吸う、の半々くらい

 

口と鼻の両方で吸うのは、特別特徴があるわけでもないですね。別にブレス音が小さくなるわけでもなければ、吸える息の量が増えるわけでもないです。

ただ、両方で吸った方が多く息を吸える人や吸いやすい人、ブレス自体に意識を向けられるなど人によってのメリットが考えられます。

 

基本的なブレスがこれという人は少ないでしょうが、一度試してみてもいい方法ですね。

 

息継ぎの速さ

息継ぎには速さがあります。

息継ぎの速さとは

  • ゆっくりと吸う
  • 瞬間的に吸う

ということです。

 

もちろん歌の中のフレーズに左右されるものですが、

  • ゆっくりと息を吸うと流れるような歌の印象を与えますし、柔らかさや余裕というものを感じさせます
  • 瞬間的に吸うことで切迫感や力強さ、迫力を表現することができます。

これもどちらがいいとかはなく、フレーズによって意識的に使い分けるのがベストでしょう。

 

息継ぎ・ブレスのトレーニング方法

ブレスのトレーニングにおいて大事なことは

息を吸う力と息を吐く力は繋がっている

ということを理解しておくことです。

 

  • 息を吸うから息を吐ける
  • 息を吐くから息を吸える

この二つは表裏一体なんです。

 

なので、

息を吸う力=息を吐く力

と言えます。

 

ということはまずはこれらを鍛えればいいのですね。

 

吐く力を鍛えるトレーニング

息を吐く力を鍛えて、さらにブレスが上手くなるトレーニングはドッグブレスがオススメです。

ドッグブレスは横隔膜の柔軟性にも作用して息と声のあらゆる面でプラスになるいいトレーニングだと思います。

 

 

吸う力を鍛えるトレーニング

吸う力を鍛えるトレーニングは『パワーブリーズ』などを最も効率的でいいと思います。

息を吸う力を鍛えることに関してはこのグッズは最強です。

 

 

歌の中での息継ぎが上手くなるトレーニング

「ブレスを鍛えても歌の中になると上手くできない」

という問題もあると思います。

 

これは

  • 声帯の問題
  • 歌い方の問題

など色々あると思います。

 

問題はどうあれ歌の中でブレスを上手くできる練習方法はあります。

 

どういうトレーニング?

どういうトレーニングかというと、

  • 『瞬間的に無理やり息を吐き切ることで強制的に息を吸う感覚を身につける』

というものです。

 

具体的なやり方

  • 歌のフレーズの中で息継ぎするポイントがありますね。
  • そのポイントで息を吸う前に息を吸う前に息を「はっ!」と全て吐き切ります。
  • 吐き切ると人間の体の仕組み上必ず息を吸うので力に逆らわずしっかりと吸う。
  • 『はっ!(吐く息)はー(吸う息)』となるはずです。

 

例えば「チューリップ」という曲。

フレーズ

さいたー さいたー チューリップの花がー 並んだー 並んだー 赤白黄色

 

この曲のブレスのタイミングは以下ののタイミングになりますね。

*が『息を吸う』ということです。

フレーズ

さいたー * さいたー * チューリップの花がー * 並んだー * 並んだー * 赤白黄色 *

このブレスのタイミングの前に意図的に息を吐き切ります。

 

「ハッ」と無声音(声帯は鳴らさない)でしっかりと息を吐き切ります。

「ハッ」をとするとこのようになります。

 

フレーズ

さいたー * さいたー * チューリップの花がー * 並んだー * 並んだー * 赤白黄色 

 

どうでしょうか?

先ほどよりも息が綺麗に吸えるようになったと思います。

この練習方法を繰り返すと息が綺麗に吸えるようになりブレスが上手くなると思います。

 

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.