ボイストレーニング 声や歌について

ボイトレはどっちがいい?|一つの練習を集中するか・いろいろな練習を並行するか

投稿日:2018年7月21日 更新日:

今回はボイストレーニングは一つを集中してやり続けた方がいいのか、色々やった方がいいのかについて書いていきたいと思います。

ボイストレーニングは様々な種類のトレーニングがあります。

 

どんな風に鍛えたいかによってその練習方法は様々です。

弱点を淡々と一つ集中してやり続けるのか、色々なトレーニングを数多くこなすのがいいのかという疑問が生まれますね。悲しいことに時間には限りがあります。

今回はそういう視点で書いていきたいと思います。

一つのトレーニングに集中するメリット・デメリット

メリット

  • 時間
  • 成長速度

この二つでしょう。

 

時間というのは練習時間の全てをそれに費やせるということです。練習時間の全てを費やすことができるということは当然その効果も期待できるということですね。

効果が上がるということは成長速度が速いということですから、速く効果的に成長するということがメリットでしょう。

 

デメリット

  • 正確性

ですね。

 

その練習が正しいアプローチで練習できていればいいのですが、誤った練習方法で練習していれば全く効果は出ないでしょうし、逆に変な癖をつけることになるのかもしれません。

正しくできていたとしても、それが万人に効果的とは限らないというのもありますね。

 

そうなると無駄な時間の浪費になってしまうかもしれませんね。

 

様々なトレーニングを並行してするメリット・デメリット

メリット

  • バリエーション
  • 無駄が少ない

この2つですね。

 

様々なトレーニングをするので、いろいろな面で成長することができます。

歌というのは一つの要素だけで成り立つものではないですから、いろいろなトレーニングをすることで平均的に鍛えることができます。

数打ちゃ当たるじゃないですが、多くのトレーニングをすることで意味のないトレーニングをするリスクを減らすことができるということです。

 

デメリット

  • 時間がかかる
  • 成長が遅い?

という点です。

 

いろいろなトレーニングをするので必然的に時間はかかります一つをやり続けるの経験値と比べると、全然及びませんね。

そういう点で時間がかかるというデメリットですね。

 

当然、経験値の差が生まれるのですから、成長が遅いということが言えるでしょう。しかし、これはある目的に対しての成長速度が遅いということですね。例えば、高音が出したいのなら高音練習をたくさんした方がいいに決まっていますね。そういうことです。

 

しかし、歌の成長という大きなくくりで考えると成長速度が遅いと言い切ることはできるでしょうか?

歌は様々な要素がありますからね。

 

どちらがいいか

それは言い切ることはでません。どちらにもメリット・デメリットがありますからね。

 

まぁ結局このメリット・デメリットを生み出しているのは「時間」ですね。時間が無限にあって、成長速度に縛られなければこんなこと考えずに済みます。笑

 

個人的にはいろいろな練習を並行して練習する方がいいと考えています。

メリット・デメリットは当然あって何を優先させるかというのは個人個人違うでしょうから、難しい問題ですが。

 

様々なトレーニングをしていると、時に急な成長があるような気がするのです。

それは一つの練習をしているときには得られない感覚ですね。

色々な練習の成果が、あるとき突然掛け算のように相乗効果で歌を成長させてくれることがあります。

 

おそらく点と点がつながるような状態ですね。

これはあるかもしれないし、ないかもしれないような感覚ですが、この成長の可能性があるからいろいろな練習をした方がいいような気がします。

あくまで個人的考えです。

一つをやり続けることで熟練の技を生み出せるかもしれません。何がいいかは個人次第。

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

「逆ハミング練習」についてはこちらの記事後半に。

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

一人deカラオケDX 防音マイク・BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

アーティストの歌声解説一覧はこちら



オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.