ボイストレーニング

『声を出さなくてもできる』ボイストレーニング方法

投稿日:2018年7月21日 更新日:

今回は『声を出さないボイストレーニング』というテーマです。

この記事は

  • 声を出さずにできるボイトレ『喉周りのトレーニング』
  • 声を出さずにできるボイトレ『息のトレーニング』

という内容です。

『声を出さないボイストレーニング』とは

その名前の通りですが、『声を発しないボイストレーニング』でしょう。

  • 環境
  • 状況

によってはボイストレーニングらしいボイストレーニングができない人も多いでしょう。

やはり問題は『』の面ですね。

「それでもボイストレーニングはしていたい」という場合に「音を出さずに声や喉の成長に直接関わるトレーニング」が重要になってきますね。

声を出さないボイストレーニング

  • 喉周りを動かすトレーニング
  • 息のトレーニング

この二つが主にできることでしょう。

あくまで「声を出さない」という条件なので、できることはそこまで多くはないです。

また、筋トレなどを入れてしまうと、逆にできることは無限大になってしまいます。筋トレとボイトレの因果関係は薄いはずなんです。

ボイトレと筋トレの関係性について【筋トレは”必要”ではない】

今回は『ボイトレと筋トレの関係性』についてです。 この記事は ボイトレに筋トレは必要なのか? ボイトレと筋トレは直接的な関係が薄い 筋トレで声が変わる可能性 必要な筋肉はボイトレでついてくる という内 ...

続きを見る

なので、「声を出さずに、かつ効果的なトレーニング」について掘り下げます。

声を出さないボイトレ

喉周りを動かすトレーニング

最も効果的なのは『喉仏を上げ下げするトレーニング』でしょう。

このトレーニングが”声を出さないボイストレーニングの中”では効果的なトレーニングだと思います。

トレーニング方法

  • 口を閉じた状態を作る
  • どこにもあまり力を入れない状態
  • 喉仏を下げる(できない人は手で触る)
  • 喉仏を上げる(できない人は手で触る)
  • を繰り返します。
  • 速度も速くしたり遅くしたりと自分でバリエーションを作る

というトレーニングです。男性の方が喉仏が大きい分わかりやすいですが、女性でも同じようにできます。

慣れると素早く動かせるようになります。

喉仏をうまく動かせない人もいるでしょうが、手で触ることで意識が集中して感覚を掴みやすくなります。

このトレーニングの利点はいつでもどこでもできるという点です。

他人にバレなければ通勤通学中でもできます。

ただ、喉仏を見られると変な人に思われます。笑

このトレーニングの効果

このトレーニングで鍛えられるのは

  • 喉仏のコントロール=響きの作りのコントロール
  • 喉の筋肉の柔軟性・可動域=脱力しやすさ

これらに影響があると考えられます。

ただやればやるだけいいというトレーニングでもないと思われます。

ある程度上手くコントロールできるようになったら十分だと思います。

歌の上手い人(特に男性)は「喉仏を自由に動かせる人」が多いです。

実は他にも、

喉周りのトレーニングは色々考えられますね。

  • 首回りのストレッチ
  • 喉のストレッチ

などもその一種でしょう。

  • 首をぐるりと回す
  • 思いっきり上を向く
  • 思いっきり下を向く
  • 思いっきり左右を向いて耳の後ろから縦に伸びる筋肉をほぐす

などもできます。

首回り・喉周りをほぐすことも声を出さずにできることですね。

ただ、これらはトレーニングというよりはストレッチという要素が強いので、これもやればやるだけいいというものではないように思います。

息のトレーニング

『息の力・息のコントロール能力を鍛えるトレーニング』です。

声を出さないでできる息のトレーニングは

がオススメです。

また、身近にあるものでは

  • 風船を膨らませるトレーニング
  • ペットボトルを凹ませるトレーニング

などがオススメです。

お金はかかりますが、グッズを使って効果的に鍛えたい方は

がオススメです。

息のトレーニングは声を出さなくてもできる上で、歌や声につながる重要なものです。

歌において『息や呼吸』が8割とか9割とか言う方までいます。

言い過ぎかそうでないかは人によるでしょうが、それくらい重要なものであるということは間違いないと思います。

 

息系のトレーニングは1日5分でもいいので継続することが大切です。

すぐに効果が出るものではないですが、長い期間で大きな効果を生み出すものですし、やればやるだけいいトレーニングでもあるでしょう。

おわりに

声を出さずにトレーニングすることでも大きな効果がある場合もあるのですが、やはり歌は「声を出す」ためにトレーニングするのですから、声を出すトレーニングが一番なことに変わりありません。

どうやって『声を出しても大丈夫な環境を作るか』というのもボイトレの一つの課題ですね。

歌の練習・ボイトレをするときにオススメの防音対策6選 

今回は、歌の練習を思いっきりしたいけど家ではできないという人にオススメの周りに迷惑にならない方法を紹介したいと思います。やはり、普通の家では思いっきり歌の練習なんてなかなかできないですよね。近所の迷惑 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.