声や歌について

リズムの癖は歌の印象を作る=歌い方の個性を作る

更新日:




今回はリズムと歌い方(フレージング)について書いていきたいと思います。

リズムの取り方は歌の印象に大きく影響します。

特に癖のあると言われる歌い方(フレージング)はリズムの取り方が特徴的だったりします。

もちろんそれだけではないですが。

今回はそんな歌とリズムの関係性について書いていきたいと思います。

歌い方(フレージング)とリズム

様々なリズム感があるので、細かく見ていくと個性の数だけリズム感がありそうですが、大きく分けると3種類に分けられます。

  • ぴったりのリズム感
  • 後ろに遅らせるリズム感
  • 前に早いリズム感

この3つに分類することができます。

 

ぴったりのリズム感

文字通りリズムに対してドンピシャのぴったりで歌うリズム感ですね。

しっかりと譜面通り・原曲どおり・拍に乗ったリズムです。

まぁこの場合リズムにおいては特に癖を感じることもないでしょう。気持ち良く聴こえますし、スッキリとしています。いい意味で普通すぎて、人によっては物足りなさを感じることもあるかもしれませんね。

 

 

後ろに遅らせるリズム感

通常の拍より少し遅れるようなリズム感ですね。これを使うシンガーは多いですね。癖になっているシンガーも多いです。

原曲に対して遅らせる(リズムアレンジ)・拍に対して遅らせるなど色々使えますね。

 

これは音程に後手で合わせることができるのがメリットですね。しゃくりあげたりすることもやりやすいです。またコードチェンジに対しても後手を取れるのでピッチを合わせやすいです。

 

弱点もあります。やりすぎると、リズムにあってなくて気持ち悪く(スッキリしない)聞こえますし、のっぺりとした印象を与えることになります。

多様するのは少し危険なリズム感ですね。

 

前に早いリズム感

これはフレーズの途中で使うこと多い一種のテクニックですね。

拍に対してドンピシャよりも少し早めに音を出すリズム感ですね。ただ、これを常に使っている人はただリズムが走っている人ですよ。笑   だからフレーズの中で使われることが多いですね。

これはリズム感というよりテクニック的なものです。

 

拍に対して、ドンピシャよりも前に発することで、歌というよりも言葉感や語っているような印象を与えることができます。

弱点はピッチ感が良くないと、良くは聞こえないこと。多用すると、ただリズムが速い人になってしまうということですね。

 

3つをうまく使い分けられるのが一番

特に遅れるリズム感は癖になったりしやすいです。歌をある程度やっている人ほど遅らせる癖がある人は多いです。

そのほうがピッチが取りやすいんですね。

しかし、常に後ろにもたれているリズムは聞いていてスッキリしないです。

3つをフレーズごとにうまく使い分けてこそ一流ですね。

 

ボイストレーニング教室を少し紹介

シアーミュージック

全国規模で展開している音楽教室。割と全国どこにでもあるのではないでしょうか。

とりあえず無料体験して練習法や技術をできるだけ学んで自分の成長につなげましょう。

 



 

EYS音楽教室

こちらは都内中心に、全国とまではいかないですが主要都市にあるスクールですね。

1年間の継続を確約すると、なんと楽器とケースが無料プレゼントされます。

楽器も一緒に始めたい人にはおそろしくお得です。

とりあえず体験は無料なので、お近くにあればぜひ!

 

EYS音楽教室

 

 

音ガール

 

 

ジュニア学生

 

 

音人クラブ

 

 

EYS音楽教室_kids

 

 

Beeミュージックスクール

こちらは都内限定ですが、都内にはいくつもあるスクールですね。

とりあえず、体験は無料なので都内や都内近郊の方はぜひ。

 







-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.