【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

NEWS 増田貴久の声や歌唱力についての分析

更新日:

今回はNEWSの増田貴久さんの歌声について書いていきたいと思います。

NEWSと言えば、大人気のジャニーズグループですね。

そんな中で素敵な歌唱力を持っている増田貴久さん。テゴマスとしても活躍していますし、ソロでも活躍しています。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、バランスのいい声質

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

やや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質はバランスのいい声質です。どちらかと言えば息よりも声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質です。

喉全体の空間がやや太く深みのある共鳴を持っています。

持っている声帯

やや低め〜普通くらいの音域・バランスのいい鳴り系の声質

歌声は深く優しい歌声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

柔らかな鳴りの優しい声質の発声です。

息を軽やかに流しつつそれに合わせて声帯を鳴らすような優しい音色の地声域を使うことが多いですね。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。とは言っても基本的には地声系の発声で、地声の延長線上とも言えると思います。

一部強い中高音域で息の圧力をしっかりとかけて中高音を発声しています。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

高音域の抜きのフレーズで綺麗な音色のファルセットを使っています。

歌声

優しい鳴りの地声域・ミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

口の開き方が優しい印象を作り出していますね。また口の開き方が全体的に横に広いので、明るい優しい響きを作り出しています。

また元々持っている喉の空間がやや太め(響きが下に落ちやすい)なので、深みのある音色の発声も使っています。

ビブラート

ビブラートは綺麗にかかるので、安定感抜群です。

フレージング・歌い回し・歌唱力

表情や言葉の表現力がある歌い方ですね。

言葉一つ一つをしっかりと発音して、少し大げさなくらいの表現をすることで、豊かな表現を生み出しているように思えます。

どういう練習をすれば増田貴久さんのように歌えるか

増田貴久さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

増田貴久さんのように歌うポイント

ポイント

深みのある発声を身につける

優しい音色の発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介します。

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

増田さんはそこまで咽頭共鳴をしっかりと作っているわけではないのですが、元々持っている空間が広いこともありこの共鳴のコントロールは重要になってくるでしょう。

深い響きの練習方法はこちら

優しい音色の発声を身につける

「優しい音色の発声を」とは漠然としていますが、要は声帯の柔らかな鳴りと息の流れが重要になってくるはずです。

つまり息をしっかりと乗せた発声で声帯の鳴りをバランス良く調整できるようになる練習が重要です。

息をしっかりと乗せた発声練習はドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングがオススメです。息系のトレーニングで息と声をしっかりと連動できるようになったらそれに合わせて声帯の鳴りをバランス良く整えていけばいいと思います。

また、口を横方向へ大きく開くなども優しい印象や明るい印象を作る上では役立ちます。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.