声や歌について

1/fゆらぎについて|あればいいけどなくてもいいもの

更新日:




今回は「1/fゆらぎ」(F分の1ゆらぎ)というものについて書いていきたいと思います。

音楽において時たま出てくる用語の「1/fゆらぎ」。

自然現象や人間の心拍の感覚などでも見られるそうです。

今回はそんな「1/fゆらぎ」の音楽面を書いていきたいと思います。

 

1/fゆらぎ」とは

ウィキペディアによると、

パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例する揺らぎのこと

とあります。

全くもって理解できませんね。笑

詳しい人教えて欲しいです。笑

 

自然現象においては

人の心拍の間隔、ろうそくの火の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、蛍の光

などだそうです。

 

1/fゆらぎ」はまだまだ研究の余地が残されているものらしいのです。

 

しかし、こうして例を見る限りは「規則性があるようでいて不規則なもの」が多いような気がします。

 

1/fゆらぎ」の効果

これはシンプルでリラックス効果があると言われています。

当然音楽的にもそうなのでしょう。

 

1/fゆらぎ」を持つシンガー

ウィキペディアの例をあげると、

MISIA、美空ひばり、宇多田ヒカル、徳永英明、大野智、Aimer

などが持っているそうです。

もちろん他にも持っている方は大勢いるでしょう。

 

誰が調べてるんでしょうね?

 

1/fゆらぎ」があると良い?

それはリラックス効果のある自然の中にも見られる癒しの成分が無いよりはあったほうがいいでしょう。

でも、認識することができるでしょうか?

 

「あのシンガーの歌声いいよね!」

という会話はありますが、

 

「あのシンガーの「1/fゆらぎ」いいよね!」

とは言わないでしょう。

 

機械でなければ認識できないものなのです。

 

上記の例に挙げているシンガー以外にも素晴らしいシンガーは大勢いますよね。

1/fゆらぎ」はこだわる必要のないものだと思います。

 

歌の良さというのはもっと別の部分が大部分を占めているでしょう。

1/fゆらぎ」はあるけど音程外したら、全然癒されませんよね。そういうことです。

 

よくすごいシンガーが出てきたときに「1/fゆらぎを持っているのです!」みたいなのをテレビで見ます。

持っているのは良いことなのですが、そこばかり注目して。もっと他に褒めるところはあるだろうと思えるのです。

 

あったらいいけど、なくてもいい。

おすすめ記事

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.