声や歌について

喉の脱力と歌の成長について

投稿日:2018年7月28日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は脱力と歌の成長について書いていきたいと思います。

歌の成長において脱力というのは重要な要素です。

歌において成長と脱力は切っても切れない関係にあります。

 

しかし、脱力に気を取られすぎるのも良くないのです。

今回はそんな脱力と歌の成長について書いていきたいと思います。

 

脱力の反対は?

脱力の反対は「力み」ですね。(歌において)

「力み」とは歌の場合、大抵は喉が締まることを指します。

あとは舌に力が入っているとか、顎に力が入っているとかいうのも「力み」に入りますね。

 

喉が締まるとは?

喉が締まるとは主に高音の発声で起こることが多いですね。高音以外でも起こりますが。

 

声帯(つまりピッチを調整する部分)のみを締めることができずに、喉の周りや舌など様々なものの力を使って声帯を締めようとします。その結果喉全体が締まって苦しい発声になのですね。

 

脱力と歌の成長について

当然力まない発声の方が美しい綺麗な声が出せますから、「力まないようになる=成長」と言えるでしょう。

そして上記の内容を踏まえると、「声帯のみを締められるようになる=喉には力が入っていない=脱力できている」と言えますね。

 

ココがポイント

つまり重要なのは、脱力できているから声帯がコントロールできるのではなく、声帯をコントロールする力を得たから脱力できるのです。

順番が違うだけで結果が同じように見えますが、全然違いますね。

だってこの理屈なら、高音が出ない人でも脱力さえすれば出せるという理屈ですもんね。

まぁまず出ないでしょう。

「力抜くくらいで高音出せたら苦労してねぇ!」ってね。

 

そうなのです。脱力は結果論なのです。そこを目的にしてはいけません。

脱力できるほどの喉のコントロールを身につけることが目的です。結果的に脱力できるのです。

 

まとめ

歌の成長は脱力が鍵です。大事な鍵であることは間違いないですね。

しかし、脱力は結果でしかなく、意識するべきは「脱力できるのほどの喉のコントロールを得ること」ここに焦点を当てた人が成長できるのです。

 

高音発声のアプローチのついて詳しくはこちらの記事にまとめています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

高音域の練習は喉を締めろ!?|脱力からのアプローチが全てではない

今回は「喉を締めてはいけない」という教えについて書いていきたいと思います。 よく「喉を締めてはいけない」だったり「喉に力を入れてはいけない」だったりする教えがありますよね。   それは当然そ ...

続きを見る






-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.