ボイストレーニング

魅力的な低音域を鍛える「ボイ」トレーニング

投稿日:2018年8月1日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は低音域を魅力的な声に鍛えるトレーニング「ボイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。

「ボイトレ」ではありません。「ボイ」トレーニングです。いや、ボイトレなんですけど・・・。

 

「ボイ」と発音するトレーニングですね。

低音域を鍛える「ボイ」トレーニングについて書いていきます。

「ボイ」トレーニングとは

その名の通り「ボイ」「boy」と発音するトレーニングです。

 

練習方法

練習方法はそのまま「ボイ」の発音で

ドレミファソファミレド

に合わせて

ボイボイボイボイボイボイボイボイボイ

と歌っていく練習方法です。

 

意識するべき点

しっかりと「ボイ」の発音をすることを心がけましょう。

特に「ボ」は「BO」なのですが、「VO」くらいの勢いで発音しましょう。

でも「VO」にする必要はないです。

 

また、男性であれ女性であれこのトレーニングは喉仏が下方向に動きます。

「ボ」で喉仏が下がり、「イ」で戻るような感じ。

 

「ボイ」トレーニングの効果

喉仏を下げながらの発音なので、主に低音域を綺麗にする効果があります。

もちろん高音域でやってもいいのですが。

 

このトレーニングの効果

  • 喉仏を下げる
  • 下方向への響きをつける
  • 低音域の音色を綺麗にする(響きがつく)

 

という効果ですね。

 

主に喉仏に働きかけて低音域を綺麗にしていくというものです。

深い響きの声を身につけやすいですね。

 

もちろん低音域の出し方にも色々ありますので、何を綺麗とするかは個人次第ですが。

例えば、息が多く鼻腔になるべく響かせるような軽い低音域もあるのです。

 

今回のトレーニングは低音域を低音域らしくするのにはぴったりのトレーニングです。

低音域を魅力的にすることはできるのですが、低音域の音域自体を伸ばすことは難しいです。

それについて詳しく書いた記事はこちらです。興味のある方はぜひ読んでみてください。

低音域は伸ばせるのか|低音の歌い方について

今回は低音域について書いていきたいと思います。 歌の中で高音域に魅力を感じる人も多いとは思いますが、低音域も歌の中で非常に重要です。 というか全ての音域帯にそれぞれの魅力があります。   低 ...

続きを見る

 






-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.