ボイストレーニング 声や歌について

ファルセット・裏声|高音域・低音域の練習法

投稿日:2018年8月3日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回はファルセットの高音域・低音域について書いていきたいと思います。

ァルセットは基本的には高音域で使う声ですが、その音程や使い方は様々です。

 

ファルセットの低音域と高音域をどう鍛えていくかということ書いていきたいと思います。

ファルセットを鍛えるということが重要

ファルセットの低音域・高音域は練習が必要です。練習しなくて出せる人も結構いますが。

これを出そうとするときに意識の面でアプローチをかけることが多いです。

 

例えば

例えば、

高音ファルセット

「頭の上や頭の後ろに抜けるように」とか

低音ファルセット

「暖かい息を出すように」とか。

これはこれでいいのですが、これはできる人の意識の持ち方ですね。

 

できない人がその意識を持ってすぐにできるようになるというのは稀でしょう。

 

意識よりもまずとりあえず鍛えるということが重要なのです。

大前提ファルセットができているという前提で話を進めていきます。

 

ファルセットが出せない人はまずこちらの記事を参考にしてみてください。

裏声・ファルセットの出し方について

今回はファルセットの出し方について重点的に書いていきたいと思います。   ファルセットが出せる人にとってはファルセットなんて簡単なのですが、出せない人にとってはこうも難しいのかというくらいに ...

続きを見る

 

高音ファルセットの練習

お手本(ここではわかりやすく男性でいきます。女性はファルセット出せる人がほとんどですし。)

 

 

高音域のファルセットが苦手な人はファルセットの声帯の使い方での閉鎖ができない人ですね。

もしくはその閉鎖で呼気圧を支えられない状態です。

 

全ての声はそうなのですが、ファルセットも息をたくさん吐くだけでかなり高い音になります。

それが支えられるようになればいいので、高音練習は強くファルセットを出す練習をすればいいのです。

 

練習

  • ファルセットでなるべく大声を出す
  • 「は」の発音で。まぁ割となんでもいいのですが。
  • しっかりと息を吐いて叫ぶ寸前くらいで
  • 必然的に限界点に近い高音を出している状態になる

 

とにかく高音域は呼気圧に耐えられる力(声帯コントロール)を身につけるのが大切です。ファルセットの高音は普段使わないだけで、出していると結構身につきます。最初は喉が痒いような痛いような感じですが、慣れれば成長します。

 

ただ、この練習方法。うるさいです。

そこはなんとかしましょう。

 

こういうのとか使って

 

あとは枕とタオルを口にあてて練習するとか、布団をかぶるとか。

この部屋↓に入ってもいいです。w

 

冗談はこれぐらいで。

あとは「ヒ」トレーニングなんかもしっかりと息を流すトレーニングになります。

 

低音ファルセットの練習

お手本

 

低音域のファルセットは結構難しいですね。

高音ファルセットのように力押しができないですからね。どちらかと言えば、バランスを取る感覚というか。地声に落っこちない範囲で低音域を出すのですから。

 

低音ファルセットも基本的には押し広げていくしかないです。急には出ないでしょう。

ファルセットの状態で喉仏が下げられるのならおそらくできるでしょう。

 

練習

  • ファルセットでなるべく低い音を出す
  • 喉仏を触りながら練習する

 

深い響きの意識「ボイ」トレーニングで下げていくのが有効でしょう。

こういう低音系のトレーニングとファルセットを掛け合わせることで、ファルセットの低音域を押し広げていくことができます。

 

しかし、ファルセットには限界もあるのでいくら頑張ろうと超えられない壁はあります。が、そんなに低い音のファルセットは普通使わないでしょう。

 

音域や声区についてはこちらの記事にまとめているので、興味のある方は参考にしてみてください。

音域・声区・レンジの見つけ方|自分に合うキーで歌うために

今回は人の声のレンジ、声区、つまり音域の範囲について書いていきたいと思います。 人の声にはそれぞれ魅力的に聞こえる音域の範囲というのが個人個人決まっています。 もちろんそれぞれに違います。 人によって ...

続きを見る

 






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.