ボイストレーニング

「ハミング」より効果があるかも『逆ハミング練習法』|鼻腔共鳴を鍛える

更新日:




今回は鼻腔共鳴を鍛える「逆ハミング」練習というものについて書いていきたいと思います。

まぁ「逆ハミング」なんて言うものがあるのかどうかさえわからない、僕が勝手に命名したものです。笑

 

何はともあれこの練習は鼻腔共鳴に練習に最適です。

人によっては普通のハミングよりも鼻腔共鳴のトレーニング効果を発揮します。

今回はそんな「逆ハミング練習」について書いていきたいと思います。

逆ハミング練習とは

逆ハミング練習とは「鼻をつまんで声を出す」練習方法です。

 

全然逆でもなんでもないんですが、なんか鼻をつまむという行為が口を閉じるハミングの逆っぽいですよね。笑

なので、逆ハミングと命名しておきます。

 

普通のハミング練習はこちら

 

逆ハミング練習のやり方

  • 鼻をつまみます
  • 鼻から息が抜けない状態を作ります(苦しい人は少し空間を作って抜いて調整してもいい。)
  • 口は開けた状態で声を出す
  • 鼻声になります

これだけです。

要は鼻をつまんで、鼻声の状態を作るのです。

そしてこの鼻声が重要なのです。

 

練習方法

  • 鼻をつまんだ状態でいろいろなボイストレーニングをやってみる
  • 鼻をつまんだ状態で歌を歌ってみる

ここで意識して欲しいのは鼻声になればなるほど、変な声になればなるほどに成功です。

 

なぜなら鼻声になって変な声になるのはそれだけ、鼻腔に響きがいっている証拠だからです。

 

その状態(鼻声)から鼻をつまんでいるのを離すと、鼻腔に響きがある声になるはずです。

 

注意点

  • 鼻腔に声を通すイメージをしっかりともつ
  • しっかりと鼻声にすること
  • 声を出す時に鼻に振動やビリビリとした感覚を感じるように
  • 鼻をつまむ以外は普通に声を出す

 

このトレーニングの効果

  • 鼻腔への響きが意識しやすい・わかりやすい
  • 鼻腔への響きが身につく
  • 練習方法次第では咽頭共鳴の練習にもなる

というところですね。

 

特に鼻腔への響きがわかりやすいと言うところは普通のハミングよりもわかりやすいです。

鼻声になっている・鼻がビリビリと鳴っている

言うわかりやすい指標があるからです。

 

普通に考えると鼻をつまんだら、鼻を塞いでいるから鼻腔に響きが行きにくいと考えますが、それは鼻をつまんだ状態で普通に聞ける声を出そうとするとそう言えます。

 

試しに鼻をつまんだ状態で、下方向へ響かせるようにして声を出してみましょう。

しっかりと下に響かせることができれば、鼻声や変な声にならずに普通に聞ける声になるはずです。これは鼻腔に響きがいってないからですね。

 

つまり、あえて鼻声にすれば逆に鼻腔への響きを感じることができるのです。

また、鼻声にならないようにすることで咽頭共鳴の練習にもなります。

 

どちらを練習するにしてもわかりやすい指標が鼻声なのです。

 

まとめ

鼻をつまんで練習するのは、実は鼻腔共鳴の練習にすごくいいという点です。

人によっては「ハミング」よりもこの「逆ハミング」の方が鼻腔共鳴の練習になるかもしれません。

 

『逆ハミング練習』に役立つグッズ

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、美容グッズですがボイトレに使えます

本来は鼻筋を綺麗にするamazonベストセラーの美容グッズです。

 

もちろん鼻をつまんだ状態になるので、「逆ハミング練習」に最適です。

どうせ鼻をつまむならただ鼻栓するよりも鼻筋を綺麗にする効果がある方がいいですよね。

 

 

普通の鼻栓でももちろん大丈夫です。手でつまむより随分楽になります。







-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.