声や歌について

使えるミックスボイスと使えないミックスボイスの差は

投稿日:




今回は「使えるミックスボイス」について書いていきたいともいます。

歌、特に高音域において必ずと言っていいほどに付きまとってくる言葉がミックスボイスですよね。

 

地声で出せる限界音を超えるにはこのミックスボイスを習得する必要があります。

このミックスボイスは基本的に誰でももっているものなのですが、それが歌に使えるようになるかどうかが重要なのですね。

今回は歌に使える良いミックスボイスについて書いてきたいと思います。

歌に使えないミックスボイスとは

ミックスボイスがうまく使えない人にとって高音は最大の敵です。

高音が最大の敵と定めている人が高音を出そうとすると大抵は苦しい高音になります。

苦しい高音とはつまり喉が締まっていて、文字通り苦しそうな声です。

そういう声は大抵、閉鎖が強く声帯の閉鎖に引っ張られて(実質は喉が声帯を閉鎖させている)喉が締まっている状態の声です。

 

よくミックスボイスの導入をするときに「志村声」という表現をしたりします。(志村けんさんのコントで使う閉鎖的な声ですね。)

高音が苦手な人はまさに「志村声」になってしまうのです。

 

これは喉が締まってしまうことが原因で不自由な発声になるために起こるのです。

喉が締まっている状態は、発音・音程・響きあらゆる面で不自由な発声になってしまうので使えない声になってしまうのです。

何より使えない一番の原因は聞き辛いということですね。

 

喉の締まり=使えない と言っても過言ではないということです。

 

喉が締まってしまう原因はこちら

 

 

良いミックスボイス(使えるミックスボイス)とは

このように使えないミックスボイスの特徴を分析することで、使えるミックスボイスにすることができます。

使えないミックスボイスは声帯のコントロールする能力不足による喉の締め付けが原因で使えなくなってしまうので、その締め付けをなくすことが使えるミックスボイスへの道です。

 

つまり重要なのは喉まわりと声帯を分離していく(脱力)ことが使えるミックスボイスへの道です。

 

喉の脱力についてはこちら

喉の脱力と歌の成長について

 






-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.