歌声解説 歌声解説 男性シンガー

歌い手 ハイダミオの歌唱力・歌い方 ファルセットが美しい歌声【歌声解説】

投稿日:2018年8月17日 更新日:




今回はリクエストで歌い手のハイダミオさんの歌声について書いていきたいと思います。

ハイダミオさんと言えば、有名な歌い手の一人ですね。

 

その高い歌唱力を持つ歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな歌い手のハイダミオさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は不明。笑

地声・話し声を聞ける音源がなく(僕が見つけられないだけかもしれませんが)、基本的には歌声だけなので判断できませんね。笑

地声の持っている声から、声の種類などを判別していくのです。が、今回は逆に歌声から地声を想像します。

おそらくですが、持っている地声はかなり高めの音域でしょう。男性の中でも高い方の声で、あまり太くなく明るい性質の声を持っているのだと予想されます。

あくまで予想です。

 

歌声は主に地声とファルセット中心

話し声がわからないので確定的なことは言えませんが、歌声的に低中音域は地声でしょう。

息が綺麗に流れて声帯閉鎖の少ない軽やかな声です。息が多いというよりも綺麗に流れるバランスの良い発声です。

おそらくは地声が高めなので、かなりの高い音域まで地声を使って歌っています。

 

高音域は基本的にはファルセットを使うことが多いですね。かなりスムーズに切り替えることができ、かつ綺麗な音色が鳴るファルセットです。かなり綺麗なファルセットで、女性的なファルセットです。

地声とファルセットの美しさがハイダミオさんの歌声の鍵ですね。

 

ミックスボイスを使うこともあります。高音域で強い声質を鳴らすときに使っていますね。地声よりも閉鎖の成分が強く鳴るのが特徴ですね。

ただ、基本的には地声とファルセットで大抵の曲は歌いこなせてしまっています。

 

どういう歌い方か

あまり大きな癖はなくベーシックに歌うタイプですね。感情表現が上手なのは綺麗に言葉を発音できていることや温度感の作り方、エッジボイスの入れ方など色々な要素があるのでしょうね。

ビブラートは深くはないですが、自然にかかるタイプです。

 

どういう練習をすればハイダミオさんのように歌えるか

ハイダミオさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ハイダミオさんのように歌うポイント

  • 息が流れる発声を身につける
  • 綺麗なファルセットを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息が流れる発声を身につけるには

息が多い発声を身につけるには「ドッグブレス」の練習が最適です。

ドッグブレスはその名の通り、犬の呼吸のようにトレーニングする方法です。

息と声との連動や肺活量アップに最適なトレーニングです。

 

詳しい練習方法はこちら

【ドッグブレス】で横隔膜を鍛えて声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音 ...

 

綺麗なファルセットを身につける

ファルセットの練習法は単純明快。ファルセットを出すことです。ファルセットは声帯の使い方が地声とは違うため、慣れていない人は慣れることが必要です。毎日のストレッチで体を柔らかくしていくように、ファルセットも少しづつほぐしていきましょう。

 

詳しくはこちら

裏声・ファルセットの出し方について

今回はファルセットの出し方について重点的に書いて行きたいと思います。 ファルセットが出せる人にとってはファルセットなんて簡単なのですが、出せない人にとってはこうも難しいのかというくらいに難しいのがファ ...

 

まとめ

ハイダミオさんのように歌うポイント

  • 息が流れる発声を身につける
  • 綺麗なファルセットを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.