歌声解説 女性洋楽

セリーヌ・ディオンの声や歌唱力についての分析

投稿日:2018年8月18日 更新日:

今回はセリーヌ・ディオンさんの歌声について書いていきたいと思います。

セリーヌ・ディオンさんと言えば、世界的に有名なシンガーですね。

 

その圧倒的な歌唱力は世界中の人を魅了していますね。

心掴まれている方も多いのではないしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、バランスの良い声質

音域

地声の音域は普通の音域ですね。

普通くらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスがいい声質です。時にエッジ感が強かったり、時に息っぽく話したりと話し声の中でも鳴り方の質が変化します。

ほんの若干ですが、ハスキーっぽいニュアンスがあるときもありますね。

話し声から声帯の柔軟性を感じさせる声です。

 

歌声は鳴りの強いミックスボイスが特徴的

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

息系の発声から鳴り系の発声まで綺麗に歌いこなします。

地声域はどちらかと言えば息が綺麗に流れる息系の発声を使うことが多いです。

 

この地声域で結構高い音域帯まで自在にコントロールしています。

声帯の柔軟性が世界クラスですね。

 

地声

 

ミックスボイス

中高音域(≒ミックスボイス

息の流れと声帯の鳴りのバランスが非常に美しいミックスボイスです。

 

かなり鳴りが強く、かつ美しいベルティング系の発声ですね。

余計な力がなく、息の圧力でガツンと声帯が鳴る美しさと迫力を持った声です。

 

ミックスボイス

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

綺麗な息の流れと鳴りを持つ圧倒的ファルセットです。

非常に綺麗なファルセットを自在に使いこなします。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きです。

フレーズ次第では咽頭共鳴を保ち太く鳴らしたりもしています。

 

ビブラート

綺麗で美しいビブラートを使いこなしています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ダイナミクスのある歌い方が特徴的で、特に低音域が小さいとかいうわけではないのですが、高音域の迫力がかなりあるのでそれによる音量差がすごいです。

 

コンプレッサーも大変でしょう。笑

ピッチ感やリズム感も圧倒的で世界クラスの歌唱力ですね。

 

どういう練習をすればセリーヌ・ディオンさんのように歌えるか

セリーヌ・ディオンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

セリーヌ・ディオンさんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

ベルティング発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

 

息が流れる発声を身につけるには

息が流れる発声を身につけるには「ドッグブレス」の練習が最適です。

ドッグブレスはその名の通り、犬の呼吸のようにトレーニングする方法です。

 

息と声との連動肺活量アップに最適なトレーニングです。

息のトレーニングは少しづつでもいいので継続することが重要なように思います。

 

ベルティング発声を身につける

強い声帯閉鎖に強い息の圧力をかけるベルティング系の発声を身につけましょう。

とは言えそれが難しいのですね。

 

とくに声帯を柔軟にコントロールする能力が必要です。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.