歌声解説 女性シンガー

坂本真綾の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年8月22日 更新日:

今回は坂本真綾さんの歌声について書いていきたいと思います。

坂本真綾さんと言えば、声優や歌手として絶大な人気を誇っている方ですね。

 

何と言ってもその声の良さ。声優としても歌手としても素晴らしい声を持っています。

心掴まれている方も多いのではないしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、バランスがよく綺麗に息が流れる声

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域ですね。

やや高めの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質はバランスがいい声質ですね。

どちらかと言えばですが、声帯の鳴りよりも息が先行して綺麗に流れる声質ですね。ただ、しっかりと声帯も鳴っているので、どちらかと言えばで、バランスのいい美しい声を持っていると思います。

言葉の発音も綺麗なのでさすが声優と言えるような美しい声です。

 

共鳴

共鳴は上方向(鼻腔や軟口蓋)寄りです。

 

歌声は綺麗に息が流れる発声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

息が綺麗に流れつつ声帯もバランスよく鳴っている綺麗な発声です。

息の流れに声をしっかりと乗せているような声の出し方で美しい音色を作り上げています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

息の圧力が増してバランスよく伸びやかに中高音を発しています。

低中音域と比較すると「キュッ」とした鳴りの倍音が強くなり、芯のある高音域を作り上げています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音域の抜きどころで使うことが多いですね。

綺麗なファルセットを自在に使っています。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向主体です。

 

ビブラート

自然に綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

アニソン系を歌うことも多いため語尾の跳ね上げ(ヒーカップ)をフレーズに入れることが多いですね。

跳ね上げて切ることで「キュッ」とした語尾のニュアンスを作り上げています。

 

どういう練習をすれば坂本真綾さんのように歌えるか

坂本真綾さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

坂本真綾さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

鳴りの強い発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介したいと思います。

 

息が流れる発声を身につけるには

息が流れる発声を身につけるには「ドッグブレス」の練習がおすすめです。

ドッグブレスはその名の通り、犬の呼吸のようにトレーニングする方法です。

 

息と声との連動肺活量アップに最適なトレーニングです。

また、「スー」「ズー」トレーニングもオススメです。

 

息系のトレーニングは毎日少しづつでもいいので積み重ねることが重要です。

日々の話し声にもつながるのでやって損なしのトレーニングですね。

 

鳴りの強い発声を身につけるには

高音域などの鳴りの強い発声を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは鳴りの強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

 

中高音発声はそう簡単には身につけられるものでもないので、地道な開発が必要です。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.