ボイストレーニング 声や歌について

【綺麗系ミックスボイス】の出し方・練習方法|柔らかさや薄さのあるミックスボイスについて

投稿日:2018年8月23日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は柔らかいミックスボイスや薄い閉鎖のミックスボイスといった綺麗系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。

 

ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回は一番ミックスボイスと言われそうなミックスボイスである綺麗系のミックスボイスについて書いていきたいと思います。

大前提だけ理解しておきましょう

ミックスボイス人それぞれで、持っている声によって様々なミックスボイスがあります。

一人一人それぞれ声質は違い、出し方というのも人それぞれだということを理解しておきましょう。

人それぞれの地声がありますから。

 

なので本来はジャンルで括ってはいけないのです。が、あえて大きく括って「綺麗系ミックスボイス」と言うものの出し方について書いていきます。

 

綺麗系ミックスボイスとは

綺麗系ミックスボイスとは声帯を薄く使った、柔らかい声が鳴るミックスボイスです。

 

ココがポイント

プロのシンガーで言うところの、ATSUSHIさん、平井堅さん、槇原敬之さん、などがわかりやすいですね。(曲によってガツンと声出すよ。とかは無しでお願いします。承知の上で、基本的なイメージとしての例です。)

あまりガツンと出したり、力強く出したりすると言うよりも、柔らかく聴かせたり綺麗に聴かせるタイプのミックスボイスですね。まぁファルセットに近いミックスボイスということですね。

 

綺麗系のミックスボイスの原理

綺麗系のミックスボイスの原理声帯を薄く使っていると言うことですね。

 

「薄く」というと少し語弊があるのですが、ニュアンスとしては「薄く」というのがしっくりきます。

 

ポイント

要は声帯全部を使うのが地声で、声帯の一部を使うのがファルセットです。ここでファルセットまではいかないけどどちらかと言えばファルセットに近い声帯の使い方をするのが、薄い閉鎖や柔らかい閉鎖という感じです。

 

綺麗系ミックスボイスの出し方

やはり綺麗系のミックスボイスリップロールで練習するのが一番ですね。

 

換声点を見つける

  • まずは地声と裏声が切り替わる点(換声点)を見つけます
  • この見つける作業は力を入れずに声を出してください
  • 換声点より上はファルセットになるはずです
  • だいたい換声点から1オクターブくらいはミックスボイスになるでしょう(平均ですよ)

 

リップロールで練習

  • リップロールで換声点より上の音域を開発します
  • リップロールで換声点より上の音域を出そうとすると基本的にはファルセットになるはずです
  • ここでリップロールのままひっくり返らないよう頑張ります(地声でいいです。)
  • 換声点より上の音を3鍵盤くらい上げてみましょう
  • 少し苦しい声になるはずです
  • 苦しくない人はもっと出したいところまで音を上げましょう

 

今どんな声でしょうか?苦しい声なのか、喉がしまった声なのか、喉がかゆい声なのか。

これで思ったような声が出せたという人は少ないでしょう。

 

開発アプローチ

  • 苦しい音程でリップロールを維持します
  • ここからゆっくりと音程はそのままに楽な状態を作ります
  • 楽な状態とはファルセットです
  • なので音程はそのままにリップロールをしながらファルセットに変えていきます
  • ゆっくりとなるべくスムーズにファルセットへ変えていきます
  • ここで綺麗にスムーズに変えられる人は少ないでしょう(綺麗に変えられる人は多分ミックスボイス出せると思います。)

 

さて、ここで大抵の人はゴロっと・ガラッとファルセットに戻ってしまったと思います。

滑らかには切り替えられなかったでしょう。最初はそれでいいのです。

 

ポイント

重要なのは「苦しい声からファルセットに切り替わる過程に綺麗系のミックスボイスは隠れている」ということです。

ここを見つけ出し開発するのです。

 

ゴロッと変わってしまうのは声帯のその動きは未開発部分だから「もう無理!!耐えられない!!」って声帯がファルセットに移行してしまうのです。

 

練習方法のまとめ

つまり具体的な練習方法はこうです。

 

具体的は方法のまとめ

リップロールの状態で、苦しい地声の高音域から同じ音程でファルセットにゆっくり切り替える。このアプローチを繰り返すと、次第にゴロッとなってしまう切り替えがだんだんと滑らかになってきます。その切り替わる過程の中にファルセットではないけど地声でもない「綺麗系ミックスボイス」があるはずなのでそこを見つけ出し、感覚を掴み練習する。時にはリップロールを解いてみて声を確認しながら練習するのもいいでしょう。

 

ということです。

 

結局のところ人それぞれ声が違うので、最後は個人の感覚に委ねるしかないのです。

つまり、感覚を見つけ出してそこを鍛えていくのは個々で違うのです。

しかし、アプローチはこんな感じがいいのではないかと個人的には思います。

 

様々な音色のミックスボイスの出し方と具体的な練習方法

その他の音色のミックスボイスの練習方法については別記事にまとめています。

 

閉鎖系のミックスボイスの出し方

【閉鎖系ミックスボイス】の出し方・練習方法|鳴りの強い声や金属的なミックスボイスについて

今回は強い閉鎖のミックスボイスや鳴りの強いミックスボイスといった閉鎖系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。   ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回強い ...

続きを見る

 

太いミックスボイスの出し方

【太いミックスボイス】の出し方・練習方法|喉を開くようなミックスボイス

今回は太いミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。 ミックスボイスも色々な種類に分けられ、人によって様々です。   色々な歌声があるように、ミックスボイスも色々な出し方があり ...

続きを見る

 

地声のように聴こえる強いミックスボイス=ベルティングボイスについて

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。 このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。   日本ではあま ...

続きを見る

 

興味のある方はぜひ読んでみてください。

 






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.