ボイストレーニング 声や歌について

【閉鎖系ミックスボイス】の出し方・練習方法|鳴りの強い声や金属的なミックスボイスについて

投稿日:2018年8月24日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は強い閉鎖のミックスボイスや鳴りの強いミックスボイスといった閉鎖系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。

 

ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回強い鳴りがするミックスボイス、閉鎖系のミックスボイスについて書いていきたいと思います。

大前提だけ理解しておきましょう

ミックスボイスは人それぞれで、持っている声によって様々なミックスボイスがあります。

一人一人それぞれ声質は違い、出し方というのも人それぞれだということを理解しておきましょう。

 

人それぞれの地声がありますから。

なので本来はジャンルで括ってはいけないのです。が、あえて大きく括って「閉鎖系ミックスボイス」と言うものの出し方について書いていきます。

 

閉鎖系ミックスボイスとは

閉鎖系ミックスボイスとは声帯を閉鎖させ、硬く強い音が鳴るミックスボイスです。

 

ココがポイント

プロのシンガーで言うところの、稲葉浩志さん、桜井和寿さん、GReeeNのHIDEさん、椎名林檎さん、などがわかりやすいですね。(曲によってはこういう歌い方するよ、とかは無しでお願いします。基本的なイメージとしての例です。)

硬い声質で、鳴りが強く、尖った印象を受けるような声ですね。太い声という印象はあまり受けないような金属系の声質です。高音域をガツンと聞かせることができるパンチのあるミックスボイスが閉鎖系のミックスボイスです。

 

ここでは響きの作り方は度外視して、尖った声質、鳴りの強い声、金属的な音色(こういう言い方するとキーンという悪い印象になりますが、悪い印象ではない)のミックスボイスとします。

 

閉鎖系のミックスボイスの原理

声帯を分厚くしっかりと閉鎖させて、そこに息の圧力をかけて鳴らすミックスボイスです。

閉鎖系のミックスボイスは基本的には太い声を作りにくいです。(基本的には、です。)

なぜかというと、声帯の固く締めるために多少なりとも喉全体(声帯の外側)を締めなければいけないからです。

 

ただ、その代価として鳴りの強さや、倍音の強さ、尖った声などの力強い声を手に入れることができるのです。

(強い閉鎖のまま一定の喉の開きを入れていくとベルティング系の発声になります。)

 

閉鎖系ミックスボイスの出し方

閉鎖系のミックスボイスエッジボイス・「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習するのが一番ですね。

 

換声点を見つける

  • まずは地声と裏声が切り替わる点(換声点)を見つけます
  • この見つける作業は力を入れずに声を出してください
  • 換声点より上はファルセットになるはずです
  • だいたい換声点から1オクターブくらいはミックスボイスになるでしょう(平均ですよ)

 

エッジボイスで練習

  • エッジボイスで換声点より上の音域を開発します
  • まずエッジボイスを換声点より上の音域で出します(出したい高音で)
  • エッジボイスでならおそらく出せるでしょう
  • 現在は声帯で息を止めているような状態ですからそこから息の量を増やして「声」にします
  • 「あ」か「え」の発音でいきましょう(最初は「え」の方がやりやすいかも)
  • さぁ、べチャッとした声の完成ですねw(ここでベチャっとならない人は閉鎖系のミックスボイス出せます)

 

今どんな声でしょうか?苦しい声なのか、潰れた声なのか、志村けんのバカ殿のような声なのか。

これで思ったような声が出せたという人は少ないでしょう。大抵は閉鎖は強いが喉も一緒に締まっている声になると思います。

ただ、ジリジリとした鳴りの強い倍音は感じることができると思います。

 

あとはその声で喉の締まりをほどいていくだけです。

 

開発アプローチ

  • 先ほどのベチャッとした声で「ネイ」もしくは「ヤイ」の発音の声を出します
  • どちらでもいいですが、最終的にはどっちもしましょう
  • ベチャッとした声のまま「ネイ」や「ヤイ」の発音をする。この時、「エ→イ」「ア→イ」の母音の動きをしっかりと意識することで、閉鎖させたまま少しづつ喉が開けるようになってくる
  • どちらの発音も舌の動きもしっかりと意識することが重要です

 

このトレーニングを続けているとベチャッとした声がベチャッとならないくらいまで喉が開けられるようになってくると思います。(声帯はしまったままでも)

ここまでくると、大抵の発音はできるようになっているでしょうし、ある程度喉を開いていくコントロールができるようになっているでしょう。

 

締めた状態の喉をほぐしていくということです。

 

練習方法のまとめ

つまり具体的な練習方法はこうです。

 

具体的な練習方法

出したい高音を閉鎖的な声(ベチャ声=鳴りだけは強い声)で出す。その声のまま「ネイ」や「ヤイ」の発音をすることで声帯を閉鎖させたまま喉だけを開けるようにトレーニングしていく

 

ということです。

 

結局のところ人それぞれ声が違うので、最後は個人の感覚に委ねるしかないのです。

つまり、感覚を見つけ出してそこを鍛えていくのは個々で違うのです。

 

しかし、アプローチはこんな感じがいいのではないかと個人的には思います。

 

様々な音色のミックスボイスの出し方と具体的な練習方法

一口にミックスボイスといってもいろいろなミックスボイスがあります。

他の音色のミックスボイスの練習方法はこちら

 

綺麗系のミックスボイスの出し方

【綺麗系ミックスボイス】の出し方・練習方法|柔らかさや薄さのあるミックスボイスについて

今回は柔らかいミックスボイスや薄い閉鎖のミックスボイスといった綺麗系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。   ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回は一番 ...

続きを見る

 

太いミックスボイスの出し方

【太いミックスボイス】の出し方・練習方法|喉を開くようなミックスボイス

今回は太いミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。 ミックスボイスも色々な種類に分けられ、人によって様々です。   色々な歌声があるように、ミックスボイスも色々な出し方があり ...

続きを見る

 

地声のように聴こえる強いミックスボイス=ベルティングボイスについて

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。 このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。   日本ではあま ...

続きを見る

 

興味のある方はぜひ読んでみてください。

 






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.