歌声解説 歌声解説 洋楽 歌声解説 男性シンガー

One Direction ルイ・トムリンソンの歌唱力・歌い方 独特の高音域な声質を持った声【歌声解説】

投稿日:2018年8月27日 更新日:




今回は世界的な人気グループOne Directionのボーカルの一人、ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)さんの歌声について書いていきたいと思います。

One Directionと言えば、世界中の人々から愛されているグループですね。

 

高い歌唱力を持った5人(現在は4人ですね)の歌声はとても素晴らしいものです。あの楽曲・歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな1Dのルイ・トムリンソンさんについて書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、声帯閉鎖が強く息も流れやすい声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。結構高めな音域の声を持っています。

声質は声帯閉鎖が強く息も流れやすい声質ですね。

声帯の鳴りの倍音の上に息の倍音が乗っているような独特な声です。

 

歌声は地声を活かした声

歌声は地声を活かした声で歌っています。地声の音域がかなり高いので結構な音域までは地声で歌えるのでしょう。

強い声帯閉鎖の上に息の倍音が乗っているのは地声と同じですね。

閉鎖の上に息が乗るのはハスキー系の声質の人だったりが多いですね。ルイ・トムリンソンさんはハスキーっぽくはないのですが、少し特殊な鳴りの声帯を持っているのかもしれません。

 

どういう歌い方か

大きな癖はなく、ベーシックな歌い方です。

歌い方に特徴があるというよりは歌声に特徴があるタイプですね。

声が高めであまり深い響きを作らないので、浅めの明るい歌い方が多いですね。

 

どういう練習をすればルイ・トムリンソンさんのように歌えるか

ルイ・トムリンソンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ルイ・トムリンソンさんのように歌うポイント

  • 声帯閉鎖のトレーニングにエッジボイス

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

声帯閉鎖のトレーニングにエッジボイス

エッジボイスを身につけることは非常に重要です。エッジボイスを練習することで声帯閉鎖のトレーニングになります。

また、歌のニュアンスとして使うことも多いです。

声帯をコントロールできるようになるということは、声をコントロールできるようになるということです。

力まずにエッジボイスを練習しましょう。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

 

まとめ

ルイ・トムリンソンさんのように歌うポイントは

  • 声帯閉鎖のトレーニングにエッジボイス

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 






-歌声解説, 歌声解説 洋楽, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.