歌声解説 男性洋楽

One Direction ルイ・トムリンソンの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年8月27日 更新日:

今回は世界的な人気グループOne Directionのルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)さんの歌声について書いていきたいと思います。

One Directionと言えば、世界中の人々から愛されているグループですね。

高い歌唱力を持った5人(現在は4人ですね)の歌声はとても素晴らしいものです。あの楽曲・歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、ジリジリとした鳴りのある声質

地声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。

普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質は声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質です。

ジリジリとしたエッジボイス系の声帯の鳴りの倍音を多く含む声です。

 

共鳴は偏りなくフラットな感じです。

 

歌声は地声を活かした声

地声

低中音域は地声

声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい発声です。

 

息でしっかりと声帯を鳴らしているのですが、声帯が結構鳴りやすいのでジリジリしたようなくっきりした鳴りを生み出しています。

この地声域で結構高い音域まで歌っています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯をやや閉鎖させてそこに息の圧力をかけることで中高音を生み出しています。

 

もともと持っている声帯もある程度の高さを持っているのでほとんど地声の延長線上のような発声でしょう。

ミドル域

冒頭の強い高音部分など。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きです。

やや浅めの明るい音色を作ることが多いです。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はなく、ベーシックな歌い方です。

ピッチ感も非常にいいです。

どういう練習をすればルイ・トムリンソンさんのように歌えるか

ルイ・トムリンソンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

ルイ・トムリンソンさんのように歌うポイント

ポイント

鳴り系の声を鍛える

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

鳴り系の声を鍛える

鳴り系の声を鍛えるトレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

力まず強い高音を出すための「ネイ」「ヤイ」トレーニング

続きを見る

このトレーニングは声帯をしっかりと鳴らす発声で脱力を促すトレーニングです。強い鳴りの高音域のトレーニングにもなります。

また、エッジボイスのトレーニングもいいですね。

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

続きを見る

声帯のコントロールを鍛えるトレーニングになることはもちろんのこと、歌の中での表現としても使えます。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.