歌声解説 歌声解説 女性シンガー

河合奈保子の歌唱力・歌い方 息の流れ・共鳴が非常に美しい歌声【歌声解説】

更新日:

今回は河合奈保子さんの歌声について書いていきたいと思います。

河合奈保子さんと言えば、80年代の大人気アイドルですね。

 

何と言っても高い歌唱力、そして綺麗なルックスで多くの人を魅了しています。

今尚心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな河合奈保子さんについて書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息の流れが強い声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。もちろん年代で声の音域は変わっていくのですが、相対的に見てやや高めの音域ですね。

 

非常に澄んだ印象を受ける声ですね。澄んだ印象を作っているのは声帯閉鎖よりも息の流れの方が強いからですね。

息が綺麗に流れる声なので、息の倍音が多く澄んだ声を作ります。

浅い明るい響きで話すことが多いですね。

 

歌声は地声を活かした共鳴の綺麗な声中心

歌声は地声を活かした発声とミックスボイスを使うことがほとんどですね。

低中音域は地声、高音域はミックスボイスという感じですね。

 

ただ、あまりミックスボイスを使うことは少ないです。

割合としては地声を使うことが多いですね。かなり張るような高音域以外はほとんど地声で歌っています。

歌謡曲はあまり無理な音域に行くことが少ないですからね。

 

綺麗に息が流れる声で、共鳴のバランスが非常にいいですね。軟口蓋や鼻腔への共鳴(上方向への共鳴)がしっかりと鳴りつつ、深い響き(咽頭共鳴)綺麗に作っています。もちろん響きの割合はフレーズや楽曲によって変えています。綺麗な共鳴が綺麗な声を作るのです。

 

息が流れるとは言っても声帯もしっかりと鳴っています。ただ声帯の鳴りが前に出てこないくらいに息を流すことで非常に綺麗な歌声を生み出すことができるのです。

河合奈保子さんのように歌う鍵ですね。

 

どういう歌い方か

非常に美しいビブラートが特徴的ですね。綺麗にビブラートも河合奈保子さんの一つの特徴と言えるでしょう。

フレーズの始まりや切れ目の流れも非常に綺麗な歌い方です。

共鳴や発音が綺麗なので、軽く歌っているようで言葉はしっかりと澄んで聞こえる、そんな歌い方ですね。

大きな癖はないのですが、ピッチ感も良く歌謡曲王道の歌い方です。

 

どういう練習をすれば河合奈保子さんのように歌えるか

河合奈保子さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

河合奈保子さんのように歌うポイントは

  • 息が流れる発声を身につける
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息が流れる発声を身につけるには

息が流れる発声を身につけるには「ドッグブレス」の練習が最適です。

ドッグブレスはその名の通り、犬の呼吸のようにトレーニングする方法です。

息と声との連動や肺活量アップに最適なトレーニングです。

 

詳しい練習方法はこちら

【ドッグブレス】で声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ングでは有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音楽 ...

 

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

詳しい練習法はこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法としてよく聞くビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なも ...

 

まとめ

河合奈保子さんのように歌うポイント

  • 息が流れる発声を身につける
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。







おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.