発声方法

3種類のミックスボイスの出し方や練習方法について

投稿日:2018年8月29日 更新日:

今回は『3種類のミックスボイスの出し方や練習方法』というテーマです。

この記事は

  • 3種類のミックスボイスについて
  • 太いミックスボイスの出し方・練習方法
  • 閉鎖系ミックスボイスの出し方・練習方法
  • 綺麗系ミックスボイスの出し方・練習方法

という内容です。

3種類のミックスボイスとは

ここでの3種類は

  1. 太いミックスボイス・・・太い、広がりのある高音
  2. 閉鎖系ミックスボイス・・・強い、尖った高音
  3. 綺麗系ミックスボイス・・・綺麗、柔らかい高音

の3つです(大枠のイメージで僕が勝手に付けている名称です。世間では通用しませんので注意。笑)

 

ただ頭に入れておいて欲しいのは、3つに分けるとは言っても、それぞれ全然違う発声方法というわけでもないということです。

個人個人持っている声帯によって得意・不得意、できる・できないというものもあると思いますし、自然とそうなるという発声もあると思います。

 

そういう細かい部分は置いておけば、大枠3つくらいの中高音発声の傾向に分類できるのでこう表現しています。

ではそれぞれ練習方法について掘り下げます。

 

『太いミックスボイス』について

太いミックスボイスとは

太いミックスボイス(中高音発声)とは、その名の通り太い声質のミックスボイスです。

聞き手の感覚としては、喉を開いているような印象を受ける中高音発声です。

 

 

『しっかりと喉を開いた強い高音』というイメージです。

 

太いミックスボイスの原理

ミックスボイス(中高音発声)は声帯伸展(伸びる)とある程度の声帯閉鎖(収縮)により生まれます。

そんな中で声帯のみを綺麗に締めて、喉周りを開いていくと太い性質のミックスボイスになります。

 

つまり、

のどを開くように太い響きをつけているミックスボイス

なのです。

 

これは声帯だけをしっかりとコントロールする能力と喉の空間をしっかりと作る共鳴が必要です。

この「喉の空間をしっかりと保つ」ということは実はほぼ「咽頭共鳴をしっかりと保つ」と同じ意味・結果になるのですが、ここでは喉を開くというイメージだけで大丈夫です。

 

『咽頭共鳴を保った中高音発声』ということです。

 

太いミックスボイスの出し方・練習方法

太いミックスボイスグッグトレーニングで練習していくのが最もオススメです。

まずは換声点を見つけましょう。

 

まずは換声点を見つける

  • まずは地声と裏声が切り替わる点(換声点)を見つけます
  • この見つける作業は力を入れずに声を出してください
  • 鍵盤で地声を発声しながら一音づつあげていきます
  • 地声ではキツくなりファルセットに切り替わる音階があるはずです。それが換声点です。別に明確にココと一音決めなくてもいいです。「この音らへんかな?」くらいのニュアンスで大丈夫です。
  • だいたいこの換声点から1オクターブ上くらいまではミックスボイスで発声できるでしょう(目安)

 

およその換声点が理解できたら、練習に入ります。

 

グッグトレーニングで練習

  • グッグトレーニングで換声点より上の音域を開発していきます。「グッグッグッ」
  • 換声点より上の音域を出そうとすると力を入れなければ基本的にファルセットになるはずですが、ここで「グッ」ままひっくり返らないよう地声で頑張ります(地声の意識でいいです。)
  • 換声点より上の音を3鍵盤くらい上げてみましょう。少し苦しい声になるはずです。苦しくない人はもっと出したいところまで音を上げましょう。

 

今どんな声でしょうか?

聞き辛い声なのか、苦しい声なのか、喉がしまった声なのか、喉がかゆい声なのか。

 

高音が苦手な人であれば、これで思ったような声が出せたという人は少ないでしょう

基本的に「グッ」という発音は声帯の鳴りが強い発音です。ミックスボイス(高音)が苦手な人は潰れた閉鎖的な音色になるでしょう。

「グ」の発音を維持するのも難しいはずです。「グェ」とか「グァ」になったり。

 

必ず「グ」にするように頑張りましょう。

基本的にミックスボイスとは地声の延長線上に存在するのでこのように地道な練習になります。

筋トレのようにほんの少しの無理を重ねていくのですが、ここで「グッ」の発音が活きてくるのです。

 

開発アプローチ

  • 先ほどの苦しい音程で「グッ」の発音をしっかりと維持します。(苦しすぎる音程はあんまりですが、ある程度苦しいくらいがいい)
  • 「グッグッグッ」と繰り返しながら、二つの感覚を意識しましょう。
  • 一つは喉の奥を使っているような感覚(舌の奥を使っている感覚)
  • もう一つは喉仏が上下する感覚、というか実際に少し上下するはず(重要)
  • この二つを意識してトレーニングすることで高音発声(太いミックスボイス)が開発されていきます。

 

さて、ここで高音が苦手な人はかなり苦しかったはずです。

慣れてくると気持ちよくなってくるんですけど。

 

グッ」の発音は喉仏が上がりにくく下がる方向へのアプローチが強いです。

それが上下に動いているような感覚になるということですね。

 

また、見るからに上下していてもいいですし、見かけ上では上下していなくてもいいと思います。おそらく触れば少なからずそういう動きになっていることがわかるはずです。

 

本来ミックスボイスがコントロールできない人(声帯のコントロールがうまくない人)が高音を無理に出そうとすると、声帯の閉鎖と一緒に喉全体も締まります

これを喉仏の上下運動と鳴りの強い声(=グッグ)で高音を出しながら喉仏を下げられるようにしていくのです。

 

もちろん最初は全然できないでしょうが、この「グッグ」はどんな人でも瞬間的には喉仏を下げる方向へ力が働いています(つまり太い声質を作る。喉が広がる)

その瞬間的な動きを高音域で強制的に繰り返していくうちに、喉や声帯の動きが開発されていくのです。

 

ココに注意

ちなみにですが、意識的に喉仏を上げ下げしようとは考えなくて良いです。例えば、喉仏が動かないからと言って、喉仏を上げ下げしようとすると、違う目的の練習になってしまいます。あくまで、「グッ」の発音をすること喉が開く(≒喉仏が上下する)のです。動かないなら動かないでも良いです。(それでも効果は同じようにあるはずです。

しっかりと「グッグ」と発音することだけを心がけましょう。

 

太いミックスボイスの練習方法まとめ

つまり具体的な練習方法のまとめは以下の通りです。

練習方法まとめ

グッグトレーニング(グッグの発音)鳴りの強い高音域で喉を開けるように開拓していく喉仏の上下運動や舌根の動きが少しづつ喉を開けるように開発されていく。

急にできるものではないので、最初はできなくてもコツコツと練習する。

「グッグ」が気持ちよくできるようになってくると太い声質を出せる感じがあるはず

ということです。

 

結局のところ人それぞれ声が違うので、最後は個人の感覚に委ねるしかないのです。

つまり、感覚を見つけ出してそこを鍛えていくのは個々で違うのです。

しかし、アプローチはこんな感じがいいのではないかと考えています。

 

『閉鎖系ミックスボイス』について

閉鎖系ミックスボイスとは

閉鎖系ミックスボイスとは声帯や声帯周りを閉鎖させ、硬く強い音が鳴るミックスボイスです。

先ほどのミックスボイスに比べると、太さ失う代わりにより強くより高音が出せるような発声と言えるでしょう。

 

つまり音色そのものも多少なり閉鎖的になります。

開いているか、締まっているかで言えば『締まっている』。その分強い鳴りが生まれる。

そんなミックスボイスです。

 

硬い声質で、鳴りが強く、尖った印象を受けるような声ですね。

女性シンガーは意図的に締めるような強い閉鎖のミックスを使うことがほぼない(必要性がない)ので、男性ほど「締めている」こともなく、そこまで当てはまるような発声はないかもしれません。

高音域をガツンと聴かせることができるパンチのあるミックスボイスが閉鎖系のミックスボイスです。

 

尖った声質、鳴りの強い声、金属的な音色のミックスボイスというような感じのものです。

声帯周りなど閉鎖的な音色の作り方をすることで鋭い鳴りの強さとハイトーン生み出すようなミックスボイスです。

 

太い音色というタイプの高音ではないため閉鎖系ミックスボイスと呼んでいます。

 

閉鎖系のミックスボイスの原理

声帯をしっかりと閉鎖させて、そこに息の圧力をかけて鳴らすミックスボイスです。

閉鎖系のミックスボイスは基本的には太い声を作りにくいです。

 

なぜかというと、

声帯を固く締めるために多少なりとも喉全体(声帯の外側)を締めなければいけないからです。

ただ、その代価として高音や、鳴りの強さ、倍音の強さ、尖った声などの力強い声を手に入れることができる

 

喉の開きを犠牲にしてこのような声を生み出しているのですね。

まぁ犠牲という言い方は微妙ですが。

 

こういう閉鎖系のミックスボイスはロックボーカリストやメタルボーカリストに多いですね。

彼らは喉が閉鎖するぶん鼻腔や軟口蓋や下顎などを使って響きを作っています。特に下顎を使うような歌い方がこのタイプのシンガーに多いですね。

 

ちなみに非常に大事なことですが、このミックスボイスは喉全体を閉鎖的にアプローチする発声ですが、『喉が締まっているのではなく、締めている』のです。これ非常に大事です。

 

つまり高音が出せない人は

  • 「締まっている」

高音が出せる人は

  • 「締めている」

という違いです。

 

このコントロールできているのとできていないのでは大きな違いです。

『閉鎖』と言っても不必要な部分の力は入っていません。

 

閉鎖系ミックスボイスの出し方

閉鎖系のミックスボイスエッジボイス「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習するのがいいでしょう。

まずは換声点を見つけます。

 

換声点はもうすでに上記のトレーニングで発見できているでしょうから、換声点を確認したら準備完了です。

 

エッジボイスで練習

  • エッジボイスで換声点より上の音域を開発していきます。
  • まずエッジボイスを換声点より上の音域で出します(自分が出したい普通では苦しい音域で。ただし、いきなり限界を超えた超高音ではなく、段階を踏んで練習しましょう。)
  • 少し苦しい高音もエッジボイスでならおそらく出せるでしょう。
  • 現在は声帯で息を止めているような状態ですからそこから息の量を増やして「声」にします
  • 「あ」か「え」の発音でいきましょう(最初は「え」の方がやりやすいかも)
  • さぁ、べチャッとした声の完成です。(ここでベチャっとならない人は閉鎖系のミックスボイス出せるかも)

 

今どんな声でしょうか?

苦しい声なのか、潰れた声なのか、志村けんさんのバカ殿のような声なのか。

 

高音が苦手な人で思ったような声が出せたという人は少ないでしょう。

大抵は閉鎖は強いが喉も一緒に締まっている声になると思います。ただ、ジリジリとした鳴りの強い倍音は感じることができると思います。

 

これは『締まっている高音』ですね。

あとはその声で喉の不必要な締まりだけをほどいていくようなアプローチになります。

 

開発アプローチ

  • 先ほどのベチャッとした声で「ネイ」もしくは「ヤイ」の発音の声を出します
  • どちらでもいいですが、最終的にはどっちもしましょう
  • ベチャッとした声のまま「ネイ」や「ヤイ」の発音をする。この時、「エ→イ」「ア→イ」の母音の動きをしっかりと意識することで、閉鎖させたまま少しづつ喉が開けるようになってくる(=不必要な締まりを解く)
  • どちらの発音も舌の動きもしっかりと意識することが重要です

 

このトレーニングを続けているとベチャッとした声がベチャッとならないくらいまで喉が開けられるようになってくると思います(声帯は締まったままでも)。

厳密には喉が開けられるというよりは余計な力がほぐれてくるというニュアンスの方がしっくりくるかもしれません。

 

ここまでくると、大抵の発音はできるようになっているでしょうし、ある程度喉を開いていくコントロールができるようになっているでしょう。

締めた状態の喉をほぐしていくトレーニングです。

つまり『声帯と喉周りの分離』というアプローチになるのです。

 

閉鎖系ミックスボイスの練習方法まとめ

つまり具体的な練習方法のまとめは以下の通りです。

練習方法のまとめ

出したい高音を閉鎖的な声(ベチャ声=鳴りだけは強い声)で出す。

その声のまま「ネイ」や「ヤイ」の発音をすることで声帯を閉鎖させたまま不必要な締まりを取り除き必要な部分だけを閉鎖させる能力を高める。

「ネイ」「ヤイ」の脱力効果を借りてその部分を開発していく。

ということです。

 

結局のところ人それぞれ声が違うので、最後は個人の感覚に委ねるしかないのですが。

しかし、アプローチはこんな感じがいいのではないかと考えています。最初はできなくても繰り返し練習することが重要だと思います。

 

『綺麗系ミックスボイス』について

『綺麗系ミックスボイス』とは

綺麗系ミックスボイスとは声帯を薄く使った、柔らかい声が鳴るミックスボイスです。

あまりガツンと出したり、力強く出したりすると言うよりも、柔らかく聴かせたり綺麗に聴かせるタイプのミックスボイスですね。

 

まぁ若干ですがファルセットに近い音色のミックスボイスということですね。

ただファルセットじゃないので当然ながらファルセットには聞こえないです。

 

強く鳴らすよりも綺麗に鳴らすようなタイプの声質のミックスボイスです。

強く鳴らすようなミックスボイスと比べると声帯の閉鎖が薄く(弱く)、息の成分も多いような声質である場合が多いです。

 

綺麗系のミックスボイスの原理

綺麗系のミックスボイスの原理声帯を薄く使っていると言うことですね。

「薄く」というと少し語弊があるのですが、ニュアンスとしては「薄く」というのがしっくりきます。

 

声帯を柔らかく閉鎖させるので、柔らかい芯が生まれます。

ファルセットではないのですが、ファルセットに近づくような薄く柔らかい閉鎖という感じです。

 

声帯を薄く(弱く)・柔らかく閉鎖させることで、声の芯を持たせつつ高音域の発声をすることが可能なのですね。

 

綺麗系ミックスボイスの出し方

綺麗系のミックスボイス

で練習するのがオススメです。

綺麗系のミックスボイスの練習方法はこれまでとは少し勝手が違います。

 

これまでは頑張った上で脱力を促すようにして鍛えていく感じでしたが、今回は「バランスを取る」というか「隙間を見つける」というか「ほぐしていく」みたいなそんなニュアンスのトレーニングです。

 

地声から薄皮一枚剥ぐみたいなトレーニングです。

換声点はもうすでに上記のトレーニングで発見できているでしょうから、換声点を確認したら準備完了です。

 

リップロールで練習

  • リップロールで換声点より上の音域を開発します
  • リップロールで換声点より上の音域を出そうとすると基本的にはファルセットになるはずですが、ここでリップロールのままひっくり返らないよう頑張ります(地声の意識で。)
  • この時裏声にはならないけれどある程度の柔らかい鳴りの声を意識しましょう。
  • 換声点より上の音を3鍵盤くらい上げてみましょう。少し苦しい声になるはずです。苦しくない人はもっと出したいところまで音を上げましょう。

 

さて、今どんな声でしょうか?

苦しい声なのか、喉がしまった声なのか、喉がかゆい声なのか。

 

高音が苦手な人で思ったような声が出せたという人は少ないでしょう。

ここからミックスボイスを開発していきます。

 

開発アプローチ

  • 苦しい音程でリップロールを維持します
  • ここからゆっくりと音程はそのままに楽な状態を作ります。楽な状態とはファルセットです。
  • なので音程はそのままにリップロールでその苦しい声からファルセットに変えていきます。
  • ゆっくりとなるべくスムーズにファルセットへ変えていきます
  • ここで綺麗にスムーズに変えられる人は少ないでしょう(綺麗に変えられる人は多分ミックスボイス出せていると思います。)

さて、ここで高音が苦手な大抵の人はゴロっと・ガラッとファルセットに戻ってしまったと思います。

滑らかには切り替えられなかったでしょう。

 

苦しい音を出している状態なので、ファルセットにいきたくていきたくて仕方のない状態からファルセットへと移行するのです。ガラッと声区が変わっても仕方のないことですね。

最初はそれでいいのです。

 

ポイント

重要なのは「この苦しい声からファルセットに切り替わる過程に綺麗系のミックスボイスは隠れている」ということです。

ここを見つけ出し開発するのです。

見つけ出し開発する」とはつまり「感覚的に探る」という意味でもありますし、「神経や筋肉を鍛える」ということでもあります。

 

ゴロッと変わってしまうのは声帯のその動きは未開発部分だから「もう無理!!耐えられない!!」って声帯がファルセットに移行してしまうのです。

 

突然に出せたり、簡単に見つけられるものでもなく何度も練習していくうちに開発されていくようなものなので、反復練習が必要です。

 

綺麗系ミックスボイスの練習方法まとめ

具体的な練習方法のまとめは以下の通りです。

練習方法のまとめ

リップロールの状態で、苦しい地声の高音域から同じ音程でファルセットにゆっくり切り替える

このアプローチを繰り返すと、次第にゴロッとなってしまう切り替えがだんだんと滑らかになってきます。

その切り替わる過程の中にファルセットではないけど地声でもない「綺麗系ミックスボイス」があるはずなのでそこを見つけ出し(開発・成長させ)、感覚を掴み練習する。

時にはリップロールを解いてみて声を確認しながら練習するのもいいでしょう。

ということです。

 

結局のところ人それぞれ声が違うので、最後は個人の感覚に委ねるしかないのです。つまり、感覚を見つけ出してそこを鍛えていくのは個々で違うのです。

しかし、アプローチはこんな感じがいいのではないかと考えています。

 

関連

結局ミックスボイスはその名称がどうあれ『音域を広げる』ということに変わりありません。

今回は割とごり押し系のトレーニングでしたが、コツコツと積み上げて行くのも重要です。コツコツに関してはこちら↓

地声の高音域を広げる方法【結局、地道なトレーニングが一番いい】

続きを見る

 

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.