歌声解説 歌声解説 男性シンガー

五木ひろしの歌い方・歌唱力 音程と声量を揺らす深いビブラート【歌声解説】

更新日:

今回は五木ひろしさんの歌声について書いていきたいと思います。

五木ひろしさんと言えば、日本を代表する演歌歌手の一人ですね。

 

何と言っても高い歌唱力・歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな五木ひろしさんについて書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、カラッとした声帯閉鎖と息の倍音が多い声質

地声の音域は普通の音域ですね。年齢による音域は当然変化していてだんだん低くなっていますが、相対的には普通くらいの音域でしょう。

カラッとしたようなカサっとしたような声帯閉鎖と息の倍音が多いのが特徴の声です。ハスキーというニュアンスではないのですが、そういう仲間に分類できるような声ですね。

 

歌声は声帯閉鎖系の特徴的な声

歌声は低音域は地声、高音域はミックス系の発声です。

低音域の地声は息の倍音が多い声を使っています。ここでは声帯閉鎖はあまりなく、カラッとした声質であることが多いですね。

 

中高音域はミックスボイスなのですが、閉鎖系のミックスボイスです。声帯の鳴りがかなり強く母音系の倍音がしっかりと鳴る声です。演歌歌手は母音が重要なのです。

 

さらに響きの作り方も特徴的ですね。

浅い響きで口を横に開いたような響きの作り方から深く下方向へ響かせる声を歌の中に織り交ぜています。

よく皆さんが真似するのは浅い鼻腔に響きがかかったような歌い方ですね。

 

どういう歌い方か

非常に深いビブラートと、浅い響きの作り方が特徴ある歌い方ですね。

ビブラートは音程を揺らすだけでなく、声量(ボリューム)も揺らしています。音程の揺れと合わさって波のような音の作り方です。ボリュームコントロールは音をビブラートに合わせて切るようにしています。

なので特徴的な音の揺らぎが出るのです。

そしてこれを浅い響きで作っているのが五木ひろしさんの大きな特徴ですね。

 

どういう練習をすれば五木ひろしさんのように歌えるか

五木ひろしさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

五木ひろしさんのように歌うポイント

  • 閉鎖系の声を身につける
  • 特殊なビブラートの練習

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

閉鎖系の声を身につけるには

閉鎖系の声を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは閉鎖の強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・地声系の高音を手に入れるトレーニング 「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 特に閉鎖系の高音を手に入れるのに良いトレーニングです。 ミックスボイス ...

 

特殊なビブラートの練習

五木ひろしさんのビブラートは非常に特殊です。まずは普通のビブラートを身につけることから始めるます。

普通のビブラートが身についたら少し深めのかけることを意識します。深目というのは音程の揺らしの幅を深くするということです。

 

音程の揺らしを深くしたら、音を区切るように練習しましょう。ビブラートの揺れに合わせて音を切るのです。

五木ひろしさんは完全に切っているわけではないですが、練習段階では切るようにします。

これができるようになったらそれに合わせて、次は完全に音を切らずに音の波を作るようにしていけばいいでしょう。

 

ビブラートについてはこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法としてよく聞くビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なも ...

 

まとめ

五木ひろしさんのように歌うポイント

  • 閉鎖系の声を身につける
  • 特殊なビブラートの練習

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。







おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.