【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性シンガー

八代亜紀の声や歌唱力についての分析

更新日:

今回は八代亜紀さんの歌声について書いていきたいと思います。

八代亜紀さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する大物演歌歌手ですね。

その歌唱力の高さは多くに人を魅了しています。心掴まれている方も多いのではないしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息の成分が多い声質

地声や話し声の音域はやや高めの音域ですね。

やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は息が綺麗に流れる息主体の声質です。声帯の鳴りよりも息が先行するような息主体の声質です。声帯の鳴りもですが、声帯の鳴りが弱いわけではないです。

共鳴は鼻腔方向寄りです。非常に美しい話し声ですね。

持っている声帯

やや高めの音域・息主体の声質

歌声は息系の地声と芯のあるミックスボイス

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

息がしっかりと流れる息系の発声です。ブレスコントロールが非常に上手く、綺麗な息の上に声を乗せています。

フレーズ次第では声帯をしっかりと鳴らして重めの鳴りの地声域を作ることもあります。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

声帯の閉鎖をやや強めてしっかりとした芯のある発声の中高音域を生み出しています。高音域でファルセット系の発声に移行することはほとんどなく、このミックスボイス系に発声を使っています。

強い声帯の鳴りから、抜くようなファルセット寄りの使い方までミックスボイスで表現しています。

ミックスボイス

冒頭部分。

後半部分「トゥルーーーー」など、ファルセット的にやや抜くようにミックスボイスを使っています。

歌声

息と鳴りの地声域・多様なミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

響きを深くしたり、かなり浅くしたりすることで、太い声から閉鎖的な音色まで変幻自在にコントロールしています。

上下の共鳴コントロールを自在に表現しています。

響きの作り方はすごく深い響きからすごく浅い響きまで、響きを自由自在に使い分けています。

例えば、同じ「あ」の発音でも「え」の口で発音したり、「お」の口で発音することで全く違う響きを持った「あ」になります。

そういうところを八代亜紀さんは曲ごとにかなり高度に使い分けていますね。

ビブラート

フレーズ次第ですが、しっかりと深めにビブラートをかけるタイプです。

フレージング・歌い回し・歌唱力

巻き舌やこぶしなど演歌特有の表現を駆使しています。ピッチ感やリズム感も素晴らしく高い歌唱力ですね。

どういう練習をすれば八代亜紀さんのように歌えるか

八代亜紀さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

八代亜紀さんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

鳴りと息をコントロールする

ビブラートやこぶしを身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

ミックスボイスを身につける

八代亜紀さんのようなミックスボイスを身につけるにはリップロールのトレーニングが最適でしょう。

リップロールはミックスボイスの導入に最適のトレーニング方法です。

声帯を裏返すことなく、柔軟に声帯をコントロールしてミックスボイスにしなければいけません。

声帯伸展と声帯収縮(緊張)の関係性についてはこちら

鳴りと息をコントロールする

声帯をしっかりと鳴らすような発声と息を綺麗に流す息系の発声の両方をコントロールしなければいけません。

そしてその2種類の発声を交互に使い分けるようなニュアンスで歌うと八代亜紀さんのようなニュアンスに近づくでしょう。

声帯をしっかりと鳴らすような発声は「ネイ」「ヤイ」トレーニングで息をしっかりと流すような発声はドッグブレスでトレーニングするのがオススメです。

息系の発声と鳴り系の発声の両方をしっかりと鍛えていきましょう。

ビブラートやこぶしを身につける

ビブラートこぶしなどのテクニックをしっかりと身につける必要があります。

ビブラートの1番の練習方法は真似をするということなのです。ビブラートの練習はこちら

また、こぶしのような細かいピッチ変動を身につける必要があります。これはかなり高等テクニックで声帯コントロールも必要となってくる技術ではありますが、頑張りましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.