歌声解説 男性シンガー

AAA 浦田直也の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年9月11日 更新日:

今回はAAAの浦田直也さんの歌声について書いていきたいと思います。

AAAと言えば、絶大な人気を誇る音楽グループですね。

 

何と言っても楽曲の良さ、歌声の素晴らしさ、ダンスの素晴らしさは多くに人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、バランスのいい声質

地声や話し声の音域は普通くらいの音域です。

音域的に普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯の鳴りと息のバランスのとれた声質です。バランスのいい声質と言えそうです。

 

共鳴はどちらかと言えば上方向へ響きやすいニュアンスがあります。

 

歌声は地声を活かしたバランスのいい発声

地声

低中音域は地声

息と声帯の鳴りのバランスのいい綺麗な発声です。

 

綺麗な息の流れとそれに合わせたバランスのいい声帯の鳴りが軽やかな発声を生み出しています。

基本的にはこの地声系の発声である程度の高音域まで歌っています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

やや声帯を閉鎖させて強い息の圧力をかけることで強い鳴りの中高音を生み出しています。

基本的には地声の延長線上にようなニュアンスでミックスボイスらしいミックス域は使わずにファルセットへ移行することが多いです。

 

ミックスボイス

一部強い高音域。

 

ファルセット

高音域はファルセット

綺麗なファルセットを自在に使いこなしています。

抜けるような綺麗な高音域で使っていますね。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の音色作り中心。

 

ビブラート

ビブラートは深くかけるタイプではないですが、自然に綺麗にかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し

歌い回しなどに大きな癖はなく、ベーシックなスタイルでしょう。

言葉の感情表現が上手で、言葉一つ一つを大切に歌うタイプですね。

どういう練習をすれば浦田直也さんのように歌えるか

浦田直也さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

浦田直也さんのように歌うポイント

ポイント

バランスのいい軽やかな発声を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

バランスのいい軽やかな発声を身につける

バランスのいい軽やかな発声を身につけるには声帯の鳴りと息のバランスが重要です。

このバランスは人によって様々ですから、一概にどう練習すればいいとは言えないのですが、基本的に息の流れを主体にしてどう声帯を鳴らしていくかというお話になると思います。

 

つまり息と声を連動させることが重要ということです。

息と声とをしっかりと連動させるトレーニングはドッグブレスがオススメです。

『ドッグブレス』で横隔膜の柔軟性を鍛えて息と声を連動させる

続きを見る

息と声をしっかりと連動させるトレーニングで息の流れを身につけたら、そこから声帯の鳴りのバランスを整えていきましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.