歌声解説 歌声解説 女性シンガー

鈴木愛理の歌唱力・歌い方 バランスのいい声量あるミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年9月13日 更新日:




今回は鈴木愛理さんの歌声について書いていきたいと思います。

鈴木愛理さんと言えば、Buono!のメンバーであり、元℃−uteのメンバーであった方ですね。現在はソロでも多方面で活躍していますね。

 

何と言っても歌唱力の高さは素晴らしいですね。

心掴まれている方も多いと思います。

今回はそんな鈴木愛理さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、やや鳴りの強い声

地声の音域は普通の音域ですね。声質は極端ではないのですが、どちらかと言えば声帯閉鎖が強く鳴りの強い声質ですね。

息はあまり流れずに声帯閉鎖の鳴りの方が強いということですね。

共鳴は鼻腔共鳴寄りの声で話すことが多いですね。

 

歌声はバランスのいい声質の綺麗な声

歌声は主に3種類の声を使っています。

低中音域の地声、中高音域のミックスボイス、高音域のファルセットです。

響きは軟口蓋、鼻腔など上方向への響き中心です。

 

低中音域の地声はそのまま地声を活かして歌っているというような感じです。比較的早い段階で、ミックスボイスへ移行づることが多いですね。

 

中高音域はミックスボイスで歌っています。鈴木愛理さんの歌声のメイン部分ですね。鳴りの強さと綺麗な鳴りが特徴ですね。

楽曲によって浅い響きから深い響きまでミックスボイスの表現に幅を持たせています。

無駄のない声帯閉鎖による綺麗な鳴りのミックスボイスを使いこなしているので、どんな曲も自由に歌えるのでしょう。

 

ファルセットはたくさん使うタイプではないのですが、使うときはミックスボイス寄りな響きのファルセットを使います。

息が漏れるようなファルセットではなく、薄い芯があるようなファルセットです。

 

どういう歌い方か

ビブラートはやや細かめに綺麗にかけています。少し細かいというのが特徴ですね。

響きの作り方や声の表現力も楽曲によって色を変えています。

大きな癖はないのですが、ピッチ感・リズム感とも良くベーシックに上手いタイプですね。

 

どういう練習をすれば鈴木愛理さんのように歌えるか

鈴木愛理さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

鈴木愛理さんのように歌うポイント

  • ミックスボイスを身につける
  • 鼻腔・軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

ミックスボイスを身につけるには

ミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習が最適です。

リップロールは綺麗なミックスボイスや柔らかいミックスボイスを習得するのに最適なのです。

また、ミックスボイスの導入の練習としても非常にいいです。

リップロールで高音域まで滑らかに移行できるように練習しましょう。

 

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

 

鼻腔共鳴・軟口蓋への響きを身につけるには

鼻腔共鳴・軟口蓋への響きを身につけるには「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

 

まとめ

鈴木愛理さんのように歌うポイント

  • ミックスボイスを身につける
  • 鼻腔・軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.