声や歌について

声・ボイストレーニングと睡眠の関係|声の立ち上がりは起床後6時間以上必要?

投稿日:2018年9月23日 更新日:

今回はボイストレーニングと睡眠について書いていきたいと思います。

声と睡眠の関係性は深いです。トレーニングの成長速度・声のコンディションなど多くの面で関係しています。

 

特に起床時間から声の立ち上がりなどは歌を歌う人にとってとても重要です。

今回はそんな声と睡眠とのことについて書いていきたいと思います。

睡眠時間と成長速度

睡眠時間と成長速度については、スポーツの世界に通づるものがあるでしょう。しっかりと睡眠を取らなければ回復しないですし、回復の上に成長があるのであれば睡眠はしっかりと取る必要があるでしょう。

まぁ何時間以上とか決まっているものではなく、個人個人が寝不足にならないようにするのが重要です。

 

寝不足と声のコンディション

寝不足は喉にとって大敵です。

歌を歌わない人でも、寝不足の人は体の不調を感じますよね。体が思うように動かなかったり、スポーツをする人なら尚のことそう感じるでしょう。

これは喉も一緒です。普段出る声が出なかったり、かすれ声になったりと様々な不調が出てきます。

 

もっと怖いのが風邪をひくことです。風邪をひくと、喉は炎症を受けます。声帯に大きな影響を及ぼします。

どんなに上手い人でも風邪をひいている状態だと、思うような声は出せません。

さらに風邪が治っても声帯は結構引きずるのです。元どおりになるのは随分と時間がかかってしまうのです。

そういう点でも寝不足は敵です。

起床時間と喉のコンディション

これは起床してから何時間後に喉がトップコンディションになるかというものです。

もちろん、個人差はあるでしょうが4~6時間は必要です。

 

あまり歌を歌わない人でも朝起きた瞬間の声というのは、声が出しにくい・低い(いわゆる寝起きの声)声になるはずです。

でも、30分~1時間もすれば普通の話し声になるはずです。

 

ところが歌のコンディションはそんな時間ではトップコンディションにはなりません。

 

歌に使う声のコンディションはもっと多くの時間をかける必要があります。別にその間ずっとウォーミングアップしろというわけではなく、普通に起きて生活していればいいのです。

 

逆に一生懸命ウォーミングアップしても、やはり自分の最高のコンディションの声を出すには4~6時間かかります。

不思議です。体のサイクルが関係しているのでしょうか? もちろんウォーミングアップの効果もありますが。

 

これは個人差ももちろんあるのですが、声と向き合っていればいる人ほどこれを痛感するものです。

個人的な感覚ですが、昼寝はあまり関係ないですね。短い睡眠は喉も眠りにはつかないのでしょう。

 

つまり、歌が少しでも上手く歌いたいなら起きて4〜6時間以上経過させるほうがいいということです。

もちろんトレーニングもその時間以上から始める方が効果が高いかもしれません。

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうなん ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.