歌声解説 歌声解説 男性シンガー

小沢健二の歌唱力・歌い方 声帯閉鎖系の素朴なミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年10月2日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回はオザケンこと小沢健二さんの歌声について書いていきたいと思います。

小沢健二さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍するシンガーソングライターですね。

 

何と言っても楽曲の素晴らしさ、素朴な歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな小沢健二さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、声帯閉鎖が強めな声質

地声の音域は普通の音域ですね。高くも低くもないという感じの音域です。

声質は声帯閉鎖がやや強めな声質です。息はあまり流れずに閉鎖の鳴りの方が強いという感じです。

共鳴は鼻腔共鳴寄りに響くので柔らかく少し丸いような印象を受ける声です。

 

歌声は閉鎖系の自然な歌声

歌声は主に2種類をメインで使っています。

地声とミックスボイスです。

 

低中音域は地声を使って歌っています。話し声とあまり変わらないような声帯の閉鎖感が少しある鳴り系の声です。

息はあまり流れないような感じで、自然なニュアンスの声です。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。これも声帯閉鎖系のミックスボイスで、地声よりも閉鎖感が少し強まるような感じです。そこまで強く鳴らしたりすることはなく、閉鎖させた分だけ、息をコントロールして柔らかく鳴らすような感じでこの声を使うことが多いです。

 

小沢健二さんの歌声は閉鎖的な柔らかい声を自然体で素朴に歌うことが鍵ですね。

 

どういう歌い方か

ビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うことが多いですね。できるだけまっすぐに素朴に歌うというようなニュアンスの楽曲が多いです。

言葉の発音はしっかりと発音するタイプです。

フレーズ全体をまっすぐに素直に歌うというような歌い方ですね。

 

どういう練習をすれば小沢健二さんのように歌えるか

小沢健二さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

小沢健二さんのように歌うポイント

  • 閉鎖系の声を鍛える

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

閉鎖系の声を鍛える

小沢健二さんのように歌うには閉鎖系の声を鍛えることと、閉鎖系の声を柔らかく使うことが重要です。

閉鎖系で鳴らすのは練習すればできるのですが、閉鎖系を柔らかく使うには脱力のコントロールが必要です。

 

閉鎖系の声での脱力には「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは閉鎖系の声での高音域などを脱力させながら声を出すトレーニングです。

 

詳しい練習方法はこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

まとめ

小沢健二さんのように歌うポイント

  • 閉鎖系の声を鍛える

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 

Cornelius 小山田圭吾の歌い方・歌唱力 息のニュアンスが強い語るような歌声【歌声解説】

今回は小山田圭吾さんの歌声について書いていきたいと思います。 小山田圭吾さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍するミュージシャンですね。 Cornelius(コーネリアス)というソロユニットで活躍してい ...






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.